朗報! iPhone 5s の加速度センサーのズレ問題が iOS 7.0.3 アプデで解決!

公開日: : 最終更新日:2014/07/12 ブログ, ライフハック他, 開発・自作アプリ , ,

スポンサード リンク

スポンサード リンク

 
こんにちは、計測マニアの Iwasaki です。
 

世間は今朝発表になった iPad Air や Mavericks で盛り上がってますが、私は今日からひっそりアプデ可能になった iOS 7.0.3 に、かなり感動してます。

というのは、加速度センサーのズレは治ったし、アプリ起動 & 終了時などの要らぬズームアニメーションをOFFにできるようになったし、英大文字が出てるようになったりしたからです。他にも色んな修正がなされていて、結構メジャーなアップデートだと思います。

変更点の文章をコピペしておきます。

『 このアップデートには、次の改善点とバグ修正が含まれています:
承認済みのデバイス間でアカウント名、パスワード、クレジットカード番号を共有するためのiCloudキーチェーンを追加
オンラインアカウント用にSafariから推測困難な独自のパスワードを提案できるように、パスワードジェネレータを追加
Touch IDが使用中の場合“スライドでロック解除”の表示を遅らせるようにロック画面をアップデート
Spotlight検索からWebやWikipediaを検索できる機能を再度追加
一部のユーザでiMessageから送信できない問題を修正
iMessageをアクティベートできない問題を修正
iWork App使用中のシステムの安定性を改善
加速度センサーの調整問題を修正
SiriとVoiceOverで低品質の声が使用される問題を改善
ユーザがロック画面のパスコードを回避できる問題を修正
動作とアニメーションの両方を最小化できるように“視差効果を減らす”設定を拡張
VoiceOverの入力感度が高くなる問題を修正
ダイヤルパッドのテキストも変更できるように“文字を太くする”設定をアップデート
ソフトウェア・アップデート中に監視対象デバイスが監視されなくなる問題を修正
このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次のWebサイトを参照してください:
http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP 』

(引用ここまで)
 

さて、個人的に iPhone 5s で一番問題だったのが、加速度センサーのズレ問題でした。拙作アプリ14個のうち、6個が加速度センサーを利用しているからです。

↓ たとえば「移動メジャー」を起動して水平な机に置くと、こんな表示になってました。

↑ y軸方向の加速度を測ってリアルタイムで表示していますが、本来 ± 0.01 G 以内であるべきところが、-0.06 G となっています。その右の角度表示も 3° です。一番右の法面勾配表記もかなりズレてます。

↓ で、iOS 7.0.3 にアップデートした直後の「移動メジャー」の画面がこちら。

↑ 見事に治ってます。めでたし、めでたし。

↓ ついでに、標準アプリ「コンパス」内の水準器画面も、以前は 4° でしたが、ゼロになりました。

 

みなさんも知らない間に加速度センサーを使ったアプリを何個かは使っていると思います。ぜひアップデートされることをオススメします!

 

さて、ここからは、何故こんな不具合が生じて、アップルがどうやって解決したのかを考えてみます。開発者や計測マニアの方以外は、おそらく面白くないと思いますので、読み飛ばされて結構です。

iPhone 5s の発売日から2、3日後、ネット上で加速度センサーの不具合の話題を目にしました。あわてて自分のアプリで調べてみると、確かに 3〜4° ズレていました。人間の目で見て気になりだす角度のズレは 0.2° 位からですので、3〜4° のズレというのは、誤差とはとうてい言えないほど大きなズレです。

最初、ハードの不具合ではないかと推測しました。つまり、加速度センサーユニットを本体に組み付ける時に、工員がまっすぐに取り付けなかったのではないか、と。

しかし、いろんな人のズレ角をネットで見てみると2°〜6°くらいまで様々でした。そこで、新型iPhone がたくさん置いてあって自由に触れる場所に行き、16台を自分で測った結果がコレ。

4、5、5、4、4、4、2、2、3、0、5、1、3、4、4、2

正しく計測したのは たったの1台、あとは やはり 1°〜5°の様々なズレを示しました。私のと同じ 4° のズレが最も頻度が高いようです。

センサーの部品を取り付けるときに、こんなに様々なズレが生じるものでしょうか? それはちょっと考えにくいだろう、と思いました。

となると、ソフトの不具合ということなのでしょうか?

ハードの不具合なら、返品交換をお願いしようかと思っていましたが、ソフトの不具合なら、iOSのアップデートで解決する可能性が高いので、少し様子見することにしました。

その結果が、今日のアプデによる解決でした。

仮に、ハードの不具合(取り付け角度不良)であった場合、座標軸変換計算を iOS に組み込めば、見かけ上は解決できるはずです。しかし その場合だと、最低1回のキャリブレーションが必要と考えられます。つまり、アプデ直後の起動時に「iPhone を水平な所に置いてボタンを静かにタップしてください」などのメッセージが出るはずです。

ところが、今回のアプデ後に そのようなメッセージは出ませんでした。少なくとも移動メジャーに関しては、キャリブレーションなど無しに いきなり正しい値になりました。やはり原因はハードではなかったようです。

いったい どんなソフトの不具合だったのでしょうね。
どうして一定のズレにならなかったんでしょう?

私にはちょっと見当が付きません。
分かる人がいたら教えてくださると嬉しいです。
 

てことで、ではまた!

その後 情報をいただきまして、このサイトによると、加速度センサーのベンダー(部品メーカー)が変更されていたたことが判明したそうです。ハードが変わったことよりも、そこからの信号をきちんと処理して計測値にするソフト部分の作り込み不足だったようですね。

 


移動メジャー 1.2(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, 教育
販売元: Masayuki Iwasaki(サイズ: 0.2 MB)

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

なんと! App Store の iPhone 有料アプリ国内市場はここ1年で半分以下に縮小!?

  こんばんは、解析大好き Iwasaki です。   今回は、iPh

記事を読む

知ってました? Mac に移行したら戻れない「ホテル・カリフォルニア問題」

  こんにちは、Eagles が割と好きな Iwasaki です。  

記事を読む

オレンジのアイコンの旧 食べログが いつの間にか使えるようになってる!

こんにちは、iPhone で2番目によく使うアプリは食べログの Iwasaki です。  

記事を読む

no image

サルにもできる(?)霧箱の作り方 その4

こんにちは、Iwasaki です。 今回は、第3回に引き続いて霧箱シリーズ第4回(おそらく最終

記事を読む

中国からの越境大気汚染 PM 2.5 に注意! サイトやアプリでチェックしよう

  こんにちは、空を見るのが好きな Iwasaki です。   中国か

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スポンサード リンク
ボケ円径、ボケ量、ボケの大きさの計算原理

  お久しぶりです、Iwasaki です。  

福岡陸運支局で初のユーザー車検

こんにちは、計測マニアのイワサキです。   今日、自

ブロッケン現象と富士山と上空の放射線量(0.55μSv/h)

こんにちは、飛行機大好きイワサキです。 飛行機に乗るときは必ず窓

2017/03/12の内暈と 2015/10/02のグリーンフラッシュ

こんにちは、sky gazer のイワサキです。 内暈(ないうん

no image
スマートメーターと Wi-SUN 通信用 USB ドングルを使った電力使用量の「見える化」

こんにちは、計測マニアのイワサキです。 ずいぶんと更新をサボって

→もっと見る

PAGE TOP ↑