10/21のオリオン座流星群の極大と ベテルギウスの超新星爆発

公開日: : 最終更新日:2013/10/21 ブログ, 自然・科学・計測・原発

スポンサード リンク

スポンサード リンク

 
こんばんは、Iwasaki です。
 

明日10/21の19時ごろ、オリオン座流星群が極大だそうです。
といってもピークはなだらかなので、前後2日くらいは見えるでしょう。

が、しかし…

↓ この写真は一昨日撮影した満月です。

20096m

この満月直後の月がほぼ一晩中眩しく光って邪魔するでしょう。
条件はあまりよいとはいえません。流星群の見方はこちら

ちなみに、オリオン座流星群の母彗星ってハレー彗星なんですね。
つまり、ハレー彗星の残したチリのベルトに、毎年この時期に地球が突っ込むわけです。
 

ところで、オリオン座といえば、左上の赤い一等星、ベテルギウスが今年中に超新星爆発するんではないか、というデマが流れましたね。

確かにベテルギウスは赤色巨星で、いつ爆発してもおかしくないらしいですが、それは天文学的な意味であって、明日かもしれないし100万年後かもしれないということです。銀河系内で起こった超新星爆発は、ここ2000年間でたった数回しか記録されていません(185、393、1006、1054、1181、1604年など)。

もし爆発が起きたら、3時間くらいで増光してマイナス11等級くらいになり、それが3ヶ月くらい続くと予測されています。昼間でも十分見えるそうです。比較のためにいうと、上の写真の満月は、マイナス12.7等級です。半月はマイナス10等級くらいだそうです。つまり、半月から満月くらいの明るさがギュッと一点に集中したような明るさってことですね。

増光の予兆は何かないかと調べてみたら、ありました。

爆発が始まり可視光が増光する数日前に、大量のニュートリノが放出されるそうです。おそらくスーパーカミオカンデで検出され、発表されて大騒ぎになると思います。それから数日後、昼でも夜でもオリオン座に注目していたら運が良ければ増光の様子が観察できるかもしれません。

生きている間に見れたらいいですね。
 

てことで、ではまた!

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

武雄市の樋渡市長が 小学校1年生向けのプログラミング教育を撤回すべき5つの理由

こんばんは、底辺開発者の Iwasaki です。   昨日のニュースで、毎度お騒が

記事を読む

no image

サルにもできる(?)霧箱の作り方 その4

こんにちは、Iwasaki です。 今回は、第3回に引き続いて霧箱シリーズ第4回(おそらく最終

記事を読む

Google Maps 3.0.0 のアップデートで 前から欲しかったスケールバー機能がついに!

こんにちは、iPhone で一番良く使うのは自作アプリではなくて Google Maps な Iwa

記事を読む

no image

テストフライトのチームに新メンバーを追加する方法

  こんばんは、最近アプリのリリースが停滞気味の Iwasaki です。 水面下でやっ

記事を読む

低緯度オーロラの見方と撮影法:日本でも見える!?

こんばんは、sky gazer の Iwasaki です。   先週の2014年9

記事を読む

Comment

  1. […] ■10/21のオリオン座流星群の極大と ベテルギウスの超新星爆発|What’s Iwasaki? […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スポンサード リンク
大気減光の光路長の球体近似式を考てみた

大気減光の光路長とは? 夕日の写真や天体写真を撮るとき、光が大

珍しい大気光学現象、月虹 moonbow の写真

珍しい大気光学現象のひとつである月虹(英語でmoonbow)の写真が

COVID-19分析その4〜増加率で予想する米国の今後

こんにちは、計測マニア イワサキです。   イタ

COVID-19分析その3〜増加率による感染爆発の判断と暗算法

こんにちは、計測マニアのイワサキです。 今回もコロナ関連です。

各国のCOVID-19状況の分析 (2020/03/22時点) その2 〜感染爆発期の致死率は信用できない

こんばんは、計測マニア イワサキです。 昨日にひきつづき、新型コロナ

→もっと見る

PAGE TOP ↑