ヒトにも偏光検知能があった! 君はハイディンガーのブラシを見たか?

公開日: : ブログ, 自然・科学・計測・原発

スポンサード リンク

スポンサード リンク

こんばんは、光学大好きのイワサキです。
 

ハイディンガーのブラシってご存知ですか?
光や視覚に人一倍興味をもつ私ですが、恥ずかしながら今日まで知りませんでした。

生物学の教科書には、昆虫など一部の生物は偏光を見ることができるが、ヒトにはその能力はない、とハッキリ書かれています。しかし、実はほんのわずながらヒトにも偏光検知能があることを、ハイディンガーというオーストリアの地質学者が1846年に報告したんだそうです(Wikipediaより)。見え方は人それぞれで、頑張っても見えない人から、見えすぎて煩わしい人まで居るようです。さて、あなたには見えるでしょうか?
 

偏光がどう見えるのか?

白一色の紙や画面を偏光した光で見ます。偏光フィルター(円偏光フィルターではなく、直線偏光フィルター)を目の前にかざして白い壁や紙を見るか、パソコンの液晶モニター(全面に偏光フィルムがかかっています)で、何も書いてない文書ファイルなどを見ます。

Haidinger's_brush

そうすると偏光が縦方向の場合、固視点を中心とした上図(Wikipediaより借用)のような模様がごくごくうっすらと見えます。偏光フィルターなら目の前でクルクル回転させると黄色いアレイ型(あるいは砂時計を横にした形)の模様も回転します。液晶モニターの場合は、製品によって偏光の方向が縦、横、斜めとさまざまで、しかも回転させるのは難しいので、その代わりに自分の頭を左右に傾けると見える確率がグッと上がります。

私の場合、黄色しか見えず、青は今のところ見えません。また、顔を傾けると傾けたのと反対方向に傾くように感じます。おそらく、脳の傾き補償機能が効きすぎているのだと思います。
 

なぜ見えるのか?

ハイディンガーのブラシの見かけの大きさは、腕をいっぱいに伸ばして指2本分の幅程度の直径で、視角にすると3°ほどに相当し、これは網膜中心部の黄斑の視角とほぼ一致します。したがって、ハイディンガーのブラシという現象は、黄斑部に特有な網膜構造のどれかが原因であろうことは想像できますが、はっきりとしたメカニズムは分かってないそうです。
 

その他の内視現象

このような内視現象(眼そのものを原因とするような視覚現象)は、他にも飛蚊症、ブルーフィールド内視現象、網膜脈管視現象、眼内閃光、プルキニエの像などがあります。いろいろ試して見てみると面白いですよ。
 

てことで、ではまた!

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

5月31日に火星が最接近、まだ間に合います!

こんにちは、イワサキです。 今、火星が地球に接近してて大きく見えるので「スーパーマーズ

記事を読む

Google Maps の3タイプのピンと星印を使いこなして上級者に!

  気がついたら、2週間で Google Maps 関連の記事を4つも書いてた Iwas

記事を読む

iPhone 6 Plus をオススメする 4つの理由:スペックを徹底解剖して分かったこと

こんばんは、グラフ大好き Iwasaki です。   昨日のアップルの発表以来、巷

記事を読む

no image

博多弁と英語の意外な共通点

こんにちは、生まれも育ちも福岡の Iwasaki です。   先日 うまみ会でご一

記事を読む

なんと! App Store の iPhone 有料アプリ国内市場はここ1年で半分以下に縮小!?

  こんばんは、解析大好き Iwasaki です。   今回は、iPh

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スポンサード リンク
ブロッケン現象と富士山と上空の放射線量(0.55μSv/h)

こんにちは、飛行機大好きイワサキです。 飛行機に乗るときは必ず窓

2017/03/12の内暈と 2015/10/02のグリーンフラッシュ

こんにちは、sky gazer のイワサキです。 内暈(ないうん

no image
スマートメーターと Wi-SUN 通信用 USB ドングルを使った電力使用量の「見える化」

こんにちは、計測マニアのイワサキです。 ずいぶんと更新をサボって

[めし] 食べログ点数つき 博多うどん & 福岡うどん 名店一覧

こんにちは、麺喰いのイワサキです。   うどん発祥の

no image
今年の夏至は6月21日、でも日の入りが一番遅いわけではない?

こんにちは、イワサキです。   6月21日は、今

→もっと見る

PAGE TOP ↑