iPhone の Safari で画面下のメニューバーを表示させる4つの方法

公開日: : ブログ, 人さまのアプリ ,

スポンサード リンク

スポンサード リンク

こんにちは、Iwasaki です。
 

iPhone など、iOS 7 が入っているデバイスで Safari を使ってる際に、ページの下の方を見ようとしてスクロールさせると画面下にあったメニューバー(下の図の赤矢印の部分)が消えます。

menubar01
ここには[戻る]ボタンや[ブックマーク]ボタンなどがあるので、別のページを見たくなったときなどに必要ですが、再表示させる一番ポピュラーな方法は、ややコツが要るので失敗してイライラすることがあります。

そこで、画面下のメニューバーを表示させる方法を、4つご紹介します。
 

1. 画面を下方向にフリック

menubar03
この方法は、iPhone ユーザーならほとんどの人がご存知でしょう。画面のどの場所でも、下方向にスクロールしながら指を離せば、画面下にメニューバーが表示されます。

ただ、この方法には少しコツが要ります。指を触れたまま下に移動(ドラッグ)し、指を止めてから離すと表示されません。下に弾くようにして指を離す必要があります。ですので、私もよく失敗してイライラすることがあります。
 

2. ページの最上部までスクロール

この方法は失敗することはないですが、時間がかかりすぎますので、短いページ以外ではオススメできません。
 

3. 画面下部をタップ

menubar04
メニューバーが現れる場所(上の図の赤い部分)をタップします。
これが一番簡単で確実な方法と思います。この動作に引き続いて、[戻る]ボタンや[ブックマーク]ボタンを押しやすい点からもオススメです。
 

4. 画面上部をタップ

menubar05
逆に画面上部(上の図の赤い部分)をタップしてもメニューバーが表示されます。時刻やバッテリーの充電率が表示されている場所でもいいし、そのすぐ下のアドレスバー(図では nousnou.net の部分)でも大丈夫です。

他の方法でも同じですが、画面下にメニューバーが出るだけでなく、画面上部のアドレスバーが大きくなって、再読み込みボタンなどが表示されます。

この方法は、画面下にメニューバーを出すためというより、引き続いて再読み込みや URL の入力をしたい場合に便利な方法です。
 

以上、メニューバーのチップスでした。
個人的には3番がオススメです。
知っていると少しは快適になりますよ。
 

てことで、ではまた!

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

いま珍しい黒点が出ていますよ

こんにちは、skygazer のイワサキです。 いま太陽には、珍しい黒点が出ています。 AR

記事を読む

no image

ちょっと待った! iOS 6 にアップデートしたら地図で困るかも?

こんにちは、方向音痴ですが地図は読める Iwasaki です。 今日(日本時間の明日2時ごろ?

記事を読む

中国からの越境大気汚染 PM 2.5 に注意! サイトやアプリでチェックしよう

  こんにちは、空を見るのが好きな Iwasaki です。   中国か

記事を読む

Google Maps で現在地以外からルート検索する時のコツ

  こんにちは、Google Maps なしでは もう出歩けない体になった Iwasak

記事を読む

フルサイズのイメージセンサー(撮像素子、撮像板)のメリット その3:換算ISO値のススメ

  こんにちは、Iwasaki です。   前々回と前回とで、フォーマ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサード リンク

スポンサード リンク
虹メガネ(分光メガネ)のススメ

  こんばんは、計測マニアのイワサキです。  

超簡単! きな粉で作る納豆味噌のレシピ

  こんにちは、計測マニアのイワサキです。  

ハチ(アシナガバチ)に刺されたが温熱療法が劇的に効いた!

温熱療法とは? 虫刺されの対処法はいろいろありますが、

大気減光の光路長の球体近似式を考てみた

大気減光の光路長とは? 夕日の写真や天体写真を撮るとき、光が大

珍しい大気光学現象、月虹 moonbow の写真

珍しい大気光学現象のひとつである月虹(英語でmoonbow)の写真が

→もっと見る

PAGE TOP ↑