ボケ円径、ボケ量、ボケの大きさの計算原理

公開日: : めしログ

スポンサード リンク

スポンサード リンク

 
お久しぶりです、Iwasaki です。
 

古いサイトに書いていた記事をサイトごと消してしましまったことに気づいたので、改めてボケ円径の計算方法と原理を書いておきます。

ボケ円径、ボケ量、ボケの大きさ、はすべて同じ意味で、専門的には錯乱円径といいます。ボケ円径とは、写真に写っているピントが合っていない部分のボケの直径のことです。この直径を測る方法は、フィルムやイメージセンサー上、プリント上、モニタ上など、さまざまな方法がありますが、ここでは無限遠の点光源が作るボケ円の主被写体に対する相対的な直径と定義します。つまり、ピントが合っている位置に物差しを置いたときにボケ円の直径が何ミリあるか、ということです。この定義が有用な理由はこちらに書いています。

ボケ円径は[焦点距離 ÷ F値]で求められます。

そもそもF値とは、撮影レンズの焦点距離fを有効径D(つまり絞りの直径)で割った値です。

F = f / D

変形すると、

f = F D
D = f / F

となり、[焦点距離 ÷ F値]、つまりボケ円径の式と一致します。
つまり、ボケ円径は有効径Dに等しいのです。

なぜそうなのかは、この図を見てもらえば分かります。

この図は、2011年に私が App Store で販売していた iPhoneアプリ、「ボケ予測Pro」のプロモーション画像です。

有限遠にある主被写体(左の黄色い矢印)が、レンズによって右側に実像を結びます。ここが結像面(フィルムやイメージセンサーの位置)です。無限遠の点光源から来た光は平行光線であり、そのうちのレンズの有効径と同じ直径の光束(左の緑の線)がレンズに入射し、焦点位置(右の赤点)で点像になった後、結像面では緑の矢印の大きさのボケ円(錯乱円ともいう)となります。ここで注目すべきは、主被写体とボケ円の大きさの比です。右側の黄色矢印と緑色矢印の比は、左側の比と同じになっていることが分かります。右側の矢印と焦点が作る2つの三角形が、焦点とレンズとの間にできる2つの三角形と、それぞれ相似の関係だからです。

右下のアプリ画像では、200 mm F2.8 のレンズで撮ると、ボケ円径は、71 mm になると計算されています。そして、モデルが持っている物差しの左端にある1/4の大きさの白いボケ円の半径が 36 mm くらいになっていることが分かります。

ちなみに、このアプリでは、無限遠の点光源による後ボケだけでなく、前ボケも含んだ有限遠の点光源のボケ円径を計算することができました(現在は販売しておりません)。その計算式はこちらに書いています。

 

ではまた!
 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

[めし] 元祖ぴかいちの皿うどんは絶品!

元祖ぴかいちの皿うどん(750円)をいただきました。 久々に絶品と思う皿うどんに当たっ

記事を読む

[めし] 博多まんまる:特濃らーめんはコラーゲンたっぷり

  太宰府の31号線沿いにある「博多まんまる」にお邪魔しました。 ↑ 店に

記事を読む

[めし] 丸天うどん専門店の万平は期待以上

  こんにちは、麺喰いの Iwasaki です。   今日は、「麺や

記事を読む

[めし] なんと! 宮若の来々軒は豚骨ラーメンなのに清湯スープ

  こんにちは、ラーメン大好き Iwasaki です。   福岡の人間

記事を読む

[めし] 飲んべえのためのライフハック1:安ワインをおいしく変身!

こんにちは、アプリで稼いで毎晩数千円のワインを飲めるようになるのが夢の Iwasaki です

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサード リンク

スポンサード リンク
「ピタゴラスの定理」を図だけで証明

こんばんは、数学大好きイワサキです。 ずいぶん前に思いついた「ピ

虹メガネ(分光メガネ)のススメ

  こんばんは、計測マニアのイワサキです。  

超簡単! きな粉で作る納豆味噌のレシピ

  こんにちは、計測マニアのイワサキです。  

ハチ(アシナガバチ)に刺されたが温熱療法が劇的に効いた!

温熱療法とは? 虫刺されの対処法はいろいろありますが、

大気減光の光路長の球体近似式を考てみた

大気減光の光路長とは? 夕日の写真や天体写真を撮るとき、光が大

→もっと見る

PAGE TOP ↑