iPhone、iPad、MBPの解像度などから最適距離と画角を計算してみた

スポンサード リンク

スポンサード リンク

 
こんばんは、Excel 大好き Iwasaki です。
 

前回の記事で、今朝のアップルの新製品発表に興味なさそうな書き方をしましたが、もちろん興味ないわけではありません!

で、iPad mini Retina の解像度などを他のアップル製品と比較してみようというのが、今回のお題です。

はい、いきなり結論から どん!

device-ppi2

比較した相手は、歴代iPhone、iPad、それに MacBook Pro Retina です。

まず 9種類の機種を、画面の解像度(ppi、pixed per inch)順に並べました。

新製品の iPad mini Retina は、iPhone Retina と並ぶ最高解像度なんですね。続いて iPad Retina、MacBook Pro Retina が来て、最後に非Retina時代のガジェットという順番になります。

2列目から6列目の画素数やサイズは、計算材料というか備忘録なのでスルーして、次に、右から2列目の最適距離を見てみましょう。最適距離とは、私が勝手に定義したものですが、それは視力 1.0 の人が、これ以上近づくと画素の粗さが見えてくるという距離のことです。以下のような計算で求められます。

5000 mm の距離から見る視力表のランドルト環の切れ目の幅と長さは約 1.5 mm です。つまり 1 pixel が 1.5 mm x 1.5 mm の画素と考えることができます。すると、この画素をデバイスの1画素の大きさにまで縮小して行ったときの距離が最適距離になります。デバイスの1画素の一辺は、25.4 / 解像度 なので、

  最適距離 = (25.4 / 解像度) / 1.5 x 5000

となります。

最適距離は解像度に反比例しますので、解像度の高いデバイスほど最適距離は短いです。光学の分野では、明視距離といって 250 mm が近見作業の基準になります。iPhone や iPad などの Retina モデルは、明視距離に近い値になってますね。一方、MacBook Pro は作業時の距離を考えると 500 mm くらいはありそうなので、オーバースペックという気もします。
 

最後に、この最適距離で見たときに、見かけ上、画面がどれくらいの画角になるか、を考えてみました。

角度で表してもいいんですが、ここはちょっとヒネって、35mm判カメラ用の交換レンズの焦点距離に換算してみました(計算方法は省略)。

50 mm あたりが標準レンズで、角度にすると対角で46° ほどの広がりがあります。それより焦点距離が短くなると広角レンズ、長くなると望遠レンズと呼ばれます。

iPad mini Retina、iPad Retina、MacBook Pro Retina は、だいたい標準レンズ並の画角で見えるわけで、かなりの大迫力になります。

一方、iPhone Retina と 非Retina iPad は中望遠レンズの狭い画角、非Retina iPhone は 250 mm という立派な望遠レンズの超狭い画角ということが分かります。

機種選定で悩まれてる方は、この表とにらめっこして、どの距離で見たいのか、見かけ上どれくらいの大画面が欲しいのかを考えれば、機種を絞りこめるかもしれません。

あ、でも、写真好きじゃない人には逆に分かりづらかったですかね。すみません。
 

てことで、ではまた!

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

マニア向け ボケのすべて〜上級者編4:回折ボケ

こんばんは、iPhone4S と Siri の誘惑を Dragon Dictation で紛らわせて

記事を読む

Google Maps で現在地以外からルート検索する時のコツ

  こんにちは、Google Maps なしでは もう出歩けない体になった Iwasak

記事を読む

no image

サルにもできる(?)霧箱の作り方 その2

こんばんは、Iwasaki です。 今回は前回に続き、霧箱の第2回目です。  

記事を読む

2014年10月8日の皆既月食は好条件!

こんにちは、最近は天体写真を撮ってない Iwasaki です。   ↑ 200

記事を読む

iPhone の MNP キャッシュバック額を10店舗に聞いてみたら見事にバラバラだった件

  こんにちは、Iwasaki です。   MNP ってありますよね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スポンサード リンク
大気減光の光路長の球体近似式を考てみた

大気減光の光路長とは? 夕日の写真や天体写真を撮るとき、光が大

珍しい大気光学現象、月虹 moonbow の写真

珍しい大気光学現象のひとつである月虹(英語でmoonbow)の写真が

COVID-19分析その4〜増加率で予想する米国の今後

こんにちは、計測マニア イワサキです。   イタ

COVID-19分析その3〜増加率による感染爆発の判断と暗算法

こんにちは、計測マニアのイワサキです。 今回もコロナ関連です。

各国のCOVID-19状況の分析 (2020/03/22時点) その2 〜感染爆発期の致死率は信用できない

こんばんは、計測マニア イワサキです。 昨日にひきつづき、新型コロナ

→もっと見る

PAGE TOP ↑