ブロッケン現象と富士山と上空の放射線量(0.55μSv/h)

公開日: : 最終更新日:2017/03/15 ブログ, 写真・カメラ, 自然・科学・計測・原発

スポンサード リンク

スポンサード リンク

こんにちは、飛行機大好きイワサキです。

飛行機に乗るときは必ず窓際を取ります。最近は、飛行中もスマホやデジカメが使えるようになって嬉しい限りです。大気光象(虹の仲間)を見るには飛行機が最適ですし。

脈絡なく、いくつか写真を貼っておきます。


まずは、ブロッケン現象。大気光象の一種で、光輪 glory といいます。別名、ブロッケンの妖怪、後光、御光、御来迎など。山頂で、下の雲に自分の影が落ちたときなどに見られます。この写真では、太陽を背にして飛行機の影が雲に落ち、その周りに虹のようなリングができています。原因はMie散乱(ミー散乱)と言われています。


言わずとしれた富士山。いっぱい雪が積もっていました。


そのときの、機内の空間放射線量。エアカウンターSという5000円くらいの線量計で計測しました。上空は大気層が薄くなるので、地上の10倍くらいの線量になります。宇宙飛行士はさらに1桁多い線量にさらされています。大気って大事なんですね、酸素呼吸のためだけでなく。

てことで、ではまた!

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

no image

サルにもできる(?)霧箱の作り方 その2

こんばんは、Iwasaki です。 今回は前回に続き、霧箱の第2回目です。  

記事を読む

いま太陽がアツい! 巨大黒点AR2192をミラーレス機や iPhone で撮ってみた

いま太陽に、めったに見れないほど巨大な黒点が出ているのをご存知ですか? 宇宙天気のサイトによる

記事を読む

App Store のランキングはどうやって決まるのか? その1

こんにちは、計測マニアの Iwasaki です。   新作 iPhone

記事を読む

福岡にホタルの季節到来! 時期、時刻、場所は?

こんにちは、夜中に徘徊するのが好きなイワサキです。   自宅近くの田んぼに、今

記事を読む

アルツハイマー病など認知症に効く! 脳と体を同時に動かす運動プログラム

こんにちは、糖質制限ダイエット中の Iwasaki です。   認知症患者の約7割

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スポンサード リンク
超簡単! きな粉で作る納豆味噌のレシピ

  こんにちは、計測マニアのイワサキです。  

ハチ(アシナガバチ)に刺されたが温熱療法が劇的に効いた!

温熱療法とは? 虫刺されの対処法はいろいろありますが、

大気減光の光路長の球体近似式を考てみた

大気減光の光路長とは? 夕日の写真や天体写真を撮るとき、光が大

珍しい大気光学現象、月虹 moonbow の写真

珍しい大気光学現象のひとつである月虹(英語でmoonbow)の写真が

COVID-19分析その4〜増加率で予想する米国の今後

こんにちは、計測マニア イワサキです。   イタ

→もっと見る

PAGE TOP ↑