ブロッケン現象と富士山と上空の放射線量(0.55μSv/h)

公開日: : 最終更新日:2017/03/15 ブログ, 写真・カメラ, 自然・科学・計測・原発

スポンサード リンク

スポンサード リンク

こんにちは、飛行機大好きイワサキです。

飛行機に乗るときは必ず窓際を取ります。最近は、飛行中もスマホやデジカメが使えるようになって嬉しい限りです。大気光象(虹の仲間)を見るには飛行機が最適ですし。

脈絡なく、いくつか写真を貼っておきます。


まずは、ブロッケン現象。大気光象の一種で、光輪 glory といいます。別名、ブロッケンの妖怪、後光、御光、御来迎など。山頂で、下の雲に自分の影が落ちたときなどに見られます。この写真では、太陽を背にして飛行機の影が雲に落ち、その周りに虹のようなリングができています。原因はMie散乱(ミー散乱)と言われています。


言わずとしれた富士山。いっぱい雪が積もっていました。


そのときの、機内の空間放射線量。エアカウンターSという5000円くらいの線量計で計測しました。上空は大気層が薄くなるので、地上の10倍くらいの線量になります。宇宙飛行士はさらに1桁多い線量にさらされています。大気って大事なんですね、酸素呼吸のためだけでなく。

てことで、ではまた!

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

真の「金持ち」って何だろう? どうしたらなれるの?

こんにちは、いつかはフェラーリが夢の Iwasaki です。   忙しい時

記事を読む

ヒトにも偏光検知能があった! 君はハイディンガーのブラシを見たか?

こんばんは、光学大好きのイワサキです。   ハイディンガーのブラシってご存知ですか

記事を読む

サルでも分かる、ボケってなに?〜初級者編

  こんにちは、そろそろ長袖かなと思っている Iwasaki です。 今回は、Q&am

記事を読む

無料画像編集・加工アプリ GIMP でよく出る文字入力が出来ないバグの対処法

みなさんは、どんな画像編集・加工アプリをお使いですか? 本格的な画像処理をする人なら、Phot

記事を読む

悲報! あのアイソン彗星が太陽に近づきすぎて蒸発?

  こんにちは、天文好きの Iwasaki です。 (いや、望遠鏡が好きなだけかも)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサード リンク

スポンサード リンク
虹メガネ(分光メガネ)のススメ

  こんばんは、計測マニアのイワサキです。  

超簡単! きな粉で作る納豆味噌のレシピ

  こんにちは、計測マニアのイワサキです。  

ハチ(アシナガバチ)に刺されたが温熱療法が劇的に効いた!

温熱療法とは? 虫刺されの対処法はいろいろありますが、

大気減光の光路長の球体近似式を考てみた

大気減光の光路長とは? 夕日の写真や天体写真を撮るとき、光が大

珍しい大気光学現象、月虹 moonbow の写真

珍しい大気光学現象のひとつである月虹(英語でmoonbow)の写真が

→もっと見る

PAGE TOP ↑