2017/03/12の内暈と 2015/10/02のグリーンフラッシュ

公開日: : 最終更新日:2017/03/22 ブログ, 写真・カメラ, 自然・科学・計測・原発 ,

スポンサード リンク

スポンサード リンク

こんにちは、sky gazer のイワサキです。

内暈(ないうん)ってご存知ですか?
大気光象の一種、つまり虹の仲間で、別名、日暈(ひがさ)、22度ハロとも言います。

一昨日、きれいな内暈が出ていましたので、写真に収めました。

太陽から22度離れた空に、白く浮かび上がるリングです。上と下が横に比べて少し明るく、虹のように色着いています。上空の高い所に巻雲などが出ているときに出現します。雲の氷晶による光の屈折が原因です。

かなり広い地域で見られたらしく、NHKの7時の全国ニュースでも紹介されていました。大気光象のなかでは、虹や幻日と同じくらい頻繁に観測できるものですが、空を見上げる習慣のない人は、気づかないまま一生を終えるのかもしれませんね。

ちなみに大気光象には、副虹、月虹、太陽柱、環天頂アーク、半薄明光線、グリーンフラッシュなど様々なものがありますが、これらは簡単にはお目にかかれません。それだけに、見れたら得した気分になります。当ブログにも大気光象のタグでいくつか記事と写真があります。このサイトの解説がすごく詳しいです。

大気光象ネタのついでに、古いですが 2015/10/02のグリーンフラッシュの写真を何枚か。上の2枚も拡大すると太陽の上縁に緑の色収差が見えています。下2枚は日没直前の拡大です。

てことで、ではまた!

2017/03/19 追記
この内暈の4日後の16日にも、きれいな内暈が出ました。太陽が雲で遮られて、ちょうどいいくらい暗くなったので、遮蔽物なしで両方撮ることができました。太陽って意外と小さいですね。

あと、左上に光芒、右に彩雲が見えています。大気光象の三役揃い踏みって感じでしょうか。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

iPhone 5s のカメラは どう変わる? 〜 F値、画素ピッチ、感度、焦点距離、ボケ円径

  こんばんは、スペック大好き Iwasaki です。   今日の未明

記事を読む

雷雨の後でキノコがいろいろ出てたので写真メモ

こんばんは、キノコ大好き Iwasaki です。   最近 「はなももの別館」とい

記事を読む

デスノートが現実に? iPhone を死神の目に変えるアプリ

  こんにちは、最近マンガをあまり読んでない Iwasaki です。  

記事を読む

これは快適! 食べログで調べた店の場所を Google Maps で見る方法

  こんにちは、iPhone で一番使うアプリは Google Maps と食べ

記事を読む

視野率100%じゃない iPhone 5 の標準カメラの代替えアプリ

こんばんは、Iwasaki です。 1週間前の記事、iPhone 5 のカメラ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スポンサード リンク
ハチ(アシナガバチ)に刺されたが温熱療法が劇的に効いた!

温熱療法とは? 虫刺されの対処法はいろいろありますが、

大気減光の光路長の球体近似式を考てみた

大気減光の光路長とは? 夕日の写真や天体写真を撮るとき、光が大

珍しい大気光学現象、月虹 moonbow の写真

珍しい大気光学現象のひとつである月虹(英語でmoonbow)の写真が

COVID-19分析その4〜増加率で予想する米国の今後

こんにちは、計測マニア イワサキです。   イタ

COVID-19分析その3〜増加率による感染爆発の判断と暗算法

こんにちは、計測マニアのイワサキです。 今回もコロナ関連です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑