パンスターズ彗星は見れなかったけど黄昏の写真が撮れたからいいか

公開日: : 最終更新日:2013/11/30 ブログ, 写真・カメラ, 自然・科学・計測・原発

スポンサード リンク

スポンサード リンク

 
こんにちは、開発者界隈で彗星とは呼ばれたくない Iwasaki です。
だって、明るいのは短期間だもの。
それ以前に誰も呼んでくれないので問題外ですが。
 

さて、巷で話題(になってない?)のパンスターズ彗星ですが、なかなかチャンスに恵まれず、いまだに拝んでいません。
当初期待されたような肉眼彗星にはなりませんでしたね。
それに高度が低すぎて、低空の黄砂などに邪魔されまくりです。

昨日は天気もよく、黄砂もPM2.5も少なめだったので、7X50の双眼鏡を持って小戸ヨットハーバーまで行きました。
7X50というのは、倍率7倍、口径50mmという意味で、明るいのでもっぱら天体用の双眼鏡です。

で、3時間ほど粘りましたがダメでした。
残念ですが、まだチャンスはあると思います。

てことで、今日はそのときの写真を並べただけの記事です。

↑ 日没直前です。iPhoneの広角側。
 

↑ 双眼鏡にiPhoneを近づけてコリメート法で撮りました。
iPhoneで太陽や月を撮ると大抵は変な色と明るさになってしまいます。
露出補正ができないのもツライですね。
 

bat

↑ この頃から、コウモリが飛び交い始めました。
iPhoneの広角側で撮った画像をトリミング。
 

↑ 日没直後の雲。コリメート法。
 

↑ けっこう暗くなって来ました。
この時間帯の空のグラデーション、大好きです。
 

↑ さらに暗くなって雲も少なくなり彗星の期待が高まったんですが…
 

↑ 海面に映ったグラデーション。
 

てことで、アイソン彗星は期待大ですね。ではまた!

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

ブロッケン現象と富士山と上空の放射線量(0.55μSv/h)

こんにちは、飛行機大好きイワサキです。 飛行機に乗るときは必ず窓際を取ります。最近は、飛行中も

記事を読む

大気減光の光路長の球体近似式を考てみた

大気減光の光路長とは? 夕日の写真や天体写真を撮るとき、光が大気の層を通過することによる減光

記事を読む

クラゲを飼おう!

こんにちは、動物大好きの Iwasaki です。   もう4年ほど前になりますが、

記事を読む

無料アプリ Safety Sight で iPhone がドライブレコーダーに変身!

こんにちは、毎日運転している Iwasaki です。   自動車を運転する人なら、

記事を読む

意外と知られていない? iPhone の画面を一時的に拡大する方法

こんにちは、iPhoneをカーナビ代わりに使っている Iwasaki です。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スポンサード リンク
大気減光の光路長の球体近似式を考てみた

大気減光の光路長とは? 夕日の写真や天体写真を撮るとき、光が大

珍しい大気光学現象、月虹 moonbow の写真

珍しい大気光学現象のひとつである月虹(英語でmoonbow)の写真が

COVID-19分析その4〜増加率で予想する米国の今後

こんにちは、計測マニア イワサキです。   イタ

COVID-19分析その3〜増加率による感染爆発の判断と暗算法

こんにちは、計測マニアのイワサキです。 今回もコロナ関連です。

各国のCOVID-19状況の分析 (2020/03/22時点) その2 〜感染爆発期の致死率は信用できない

こんばんは、計測マニア イワサキです。 昨日にひきつづき、新型コロナ

→もっと見る

PAGE TOP ↑