今夜から明日の未明、しぶんぎ座流星群の極大で観測条件は最高ですよ!

スポンサード リンク

スポンサード リンク

 
明けましておめでとうございます、寒がりの Iwasaki です。
2014年も What’s Iwasaki? をよろしくお願いします。
 

お正月、いかがお過ごしでしょうか?
ところで毎年1月4日は、三大流星群のひとつである「しぶんぎ座流星群」のピークってご存知ですか?

今年のしぶんぎ座流星群の極大は午前4時、月齢は2.7で、条件はここ数年で最高です。この記事の公開が3日の正午ですから十数時間後です。このサイトによると、一時間あたりの流星数(ZHR)は120です。

しぶんぎ座流星群は、ピークが鋭い傾向にあります。つまり、他の多くの流星群であれば 前後1日程度でも極大の半分程度は流れるのですが、この流星群は前後数時間に集中します。したがって、極大の時刻が昼間になる年は 観測条件がかなり悪いわけです。幸い今年は月のない深夜ですし、しぶんぎ座も高く昇っている時間帯なので観測条件としては最高というわけです。

もちろん、天候次第ですし、この季節の未明はかなり寒いので防寒対策はしっかりされてくださいね。

私はタイムラプス撮影をメインにして、暖房の効いた車中でぬくぬく待機するつもりですw 実は今朝も20分ほどタイムラプス撮影したのですが撮れていませんでした。

流星群の見方は以前書きましたので、参考にしてください。

IMG_3279

別に放射点であるしぶんぎ座(午前4時には北東)の方角の空を見る必要はありません。一番暗い方角(市街地の光害の少ない方角や天頂付近)を見れば結構です。北東から流れた流星が、おそらく流星群に属する流星で、それ以外だと散発流星ということになります。

きれいに晴れて、PM2.5も少ないといいですね。

 
てことで、ではまた!

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

no image

サルにもできる(?)霧箱の作り方 その3

こんにちは、Iwasaki です。 前回に引き続き、第3回は霧箱で見えた放射線がどこから来たの

記事を読む

no image

1月20日未明、関東上空にあらわれた大火球の3日後の詳細

  こんにちは、珍しい自然現象大好きの Iwasaki です。   1

記事を読む

皆既月食(2014年10月8日)の写真14連発! ミニ・グリーンフラッシュも

こんばんは、Iwasaki です。   みなさんは昨夜(2014年10月8日)の皆

記事を読む

クラゲを飼おう!

こんにちは、動物大好きの Iwasaki です。   もう4年ほど前になりますが、

記事を読む

今夜も月がキレイですね、月齢:9.6

月齢:9.6 時刻:2013/11/13 22:19 場所:福岡市城南区

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スポンサード リンク
ハチ(アシナガバチ)に刺されたが温熱療法が劇的に効いた!

温熱療法とは? 虫刺されの対処法はいろいろありますが、

大気減光の光路長の球体近似式を考てみた

大気減光の光路長とは? 夕日の写真や天体写真を撮るとき、光が大

珍しい大気光学現象、月虹 moonbow の写真

珍しい大気光学現象のひとつである月虹(英語でmoonbow)の写真が

COVID-19分析その4〜増加率で予想する米国の今後

こんにちは、計測マニア イワサキです。   イタ

COVID-19分析その3〜増加率による感染爆発の判断と暗算法

こんにちは、計測マニアのイワサキです。 今回もコロナ関連です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑