Objective-Cでの数値の丸め方:その2

公開日: : 最終更新日:2013/05/14 ブログ

スポンサード リンク

スポンサード リンク

こんばんは、プログラミングが進まなくてブログに逃避している Iwasaki です。

 

今回は前回に引き続き、有効数字に丸める方法です。

その2:有効数字の桁数を柔軟に変える方法

どういうことかというと、基本的には有効数字1桁でいいけど、1000の次が2000ってのは飛び過ぎっていう場合です。

まず、前回のコードを再掲します。

a = (int) log10 (x);
b = pow (10, a – 2);
y = (int) (x / b + 0.5) * b;

今回のコードはこうなります。

a = (int) log10 (x / 2);
b = pow (10, a – 0);
y = (int) (x / b + 0.5) * b;

1行目の x を 2 で割っていますね。
2行目の a – 0 の 0 は有効数字の桁数である 1 から 1 を引いた数字ってことです。
もちろん、実際は a でいいです。
あとは何も変えていません。

これで、先頭数字が2未満の 1234 は有効数字2桁の 1200 に丸められ、256 は 300 になります。

本当は昨日書きたかったんですが、ちょっと手こずりましたので(笑)。

ではまた!

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

no image

新作 iPhoneアプリ「ゼロヨン計測」リリース!

こんにちは、Iwasaki です。   今日、新作がリリースされました。 第二

記事を読む

ヒトにも偏光検知能があった! 君はハイディンガーのブラシを見たか?

こんばんは、光学大好きのイワサキです。   ハイディンガーのブラシってご存知ですか

記事を読む

2017/03/12の内暈と 2015/10/02のグリーンフラッシュ

こんにちは、sky gazer のイワサキです。 内暈(ないうん)ってご存知ですか? 大気光

記事を読む

no image

サルにもできる(?)霧箱の作り方 その4

こんにちは、Iwasaki です。 今回は、第3回に引き続いて霧箱シリーズ第4回(おそらく最終

記事を読む

10/21のオリオン座流星群の極大と ベテルギウスの超新星爆発

  こんばんは、Iwasaki です。   明日10/21の19時ごろ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スポンサード リンク
ハチ(アシナガバチ)に刺されたが温熱療法が劇的に効いた!

温熱療法とは? 虫刺されの対処法はいろいろありますが、

大気減光の光路長の球体近似式を考てみた

大気減光の光路長とは? 夕日の写真や天体写真を撮るとき、光が大

珍しい大気光学現象、月虹 moonbow の写真

珍しい大気光学現象のひとつである月虹(英語でmoonbow)の写真が

COVID-19分析その4〜増加率で予想する米国の今後

こんにちは、計測マニア イワサキです。   イタ

COVID-19分析その3〜増加率による感染爆発の判断と暗算法

こんにちは、計測マニアのイワサキです。 今回もコロナ関連です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑