デジタルカメラによる流星の撮影方法

公開日: : 最終更新日:2014/12/16 ブログ, 写真・カメラ ,

スポンサード リンク

スポンサード リンク

こんばんは、Iwasaki です。
 

本日1月4日未明のしぶんぎ座流星群は見られましたか。私は10個以上見れました。寒かったですけど…

せっかくの美しい流星、写真に収めたいと思いますよね。私も数百枚撮影して今回は雲もあってうまく写りませんでしたが、流星の撮影方法を備忘録を兼ねて書いておきます。
 

カメラボディ

ISO感度をキリギリまで上げて使いたいので、新し目のフルサイズ一眼レフが有利ですが、フォーサーズ機でも撮れないことはありません。
 

レンズ

少しでも明るいレンズが有利です。できればF2.8以下。
ズームレンズは暗いのが多いので、単焦点レンズがいいでしょう。

焦点距離が短いほど写る確率が上がりますが、そのぶん流星の飛跡は短くなります。35 mm 判換算で 20〜35 mm 程度でしょうか。

円周魚眼は全天が撮れて魅力的ですが、F値が大きくなりがちなので、私なら対角魚眼をオススメ。シグマの 15 mm F2.8 とか。
 

三脚など

固定撮影なら普通の三脚、日周運動を追尾するなら赤道儀が必要になります。広角レンズですし、そう長い露出をするわけではないので、固定撮影でも星は点像に写るのですが、複数の写真を後で合成する場合には、すこしづつズレてしまうので面倒ではあります。

インターバル撮影で何百枚も撮ることになるので、そういう機能のないカメラの場合、リモートコントローラーがあれば楽です。

レンズが夜露で曇る場合には、使い捨てカイロをレンズに巻くといいです。私は車のヒーターやドライヤーでときどき暖めています。
 

撮影場所

以前書いた流星群の見方を参考にしてください。撮影には天の川が肉眼で見える程度の暗い空でないと、難しいでしょう。
 

レンズを向ける方向

まず、光害の少ない方角に限定されます。市街地の反対側とか天頂付近とか。

放射点を含む構図にすると、後で複数の流星を1枚の写真に収めて、放射状に流れた様子が分かって魅力的です。しかし、放射点に近いほど飛跡が短いという問題があります。

逆に放射点から遠く離れた方角を写すと、飛跡は長いのですが、流れるスピードが速いので暗く写る、あるいは暗すぎて写らないという問題があります。

レンズの焦点距離にもよりますが、放射点から45-90度あたりが、飛跡と明るさを両立できるのではないかと思います。画面の四隅付近に放射点を含める構図もいいかも。

地平線を入れた構図は、風景写真としてはいい写真になりますが、雲にかかりやすく、分厚い大気層のため流星は暗くなります。
 

撮影条件

ISO感度は使用するカメラでノイズが目立たない最大値に設定します。フォーサーズ機で1600〜3200、フルサイズ機で3200〜6400程度でしょうか。

F値は開放〜1段絞った程度、F2.8以下にしたいところです。

シャッタースピード(露出)は長いほど恒星は明るくなり、流星が写る確率も上がるわけですが、注意しておきたいのは、流星の明るさは変わりませんので、周囲と比べて相対的には暗くなってしまいます。空の暗さ次第ですが、光害が多めの場所なら数秒、暗い空でも30秒程度にしないと、明るすぎて流星がかき消されてしまったり、星像が流れてしまったりします。
 

撮影の実際

ピント(もちろんマニュアルフォーカスで無限遠)を合わせ構図を決めて、何枚か試し撮りをして条件を決めたら、後はひたすら撮りまくります。沢山撮れば撮るほど流星が写る確率が上がるからです。自動で撮るのなら、自分は目視で広い範囲をぼーっと眺めておきましょう。寒くなったら車などに避難するもよし。

撮影終了後、私の場合は動画を生成して、それを見て流星が飛び込んだコマを探すようにしています。
 

作例

「すばるをかすめる ふたご座流星群」

B43T5494s

2004.12.14 福岡市早良区にて。EOS-1Ds、Sigma 24mmF1.8をF2で。ISO 800、15秒、階調補正、トリミング。

このときは寒かったので室内から窓越しに130枚撮影しましたw 流星が写っていた5枚の中の1枚です。
 

条件さえ決めて自動で撮影すれば、意外と楽なもんです。
流星群の日でなくても散在流星が写る可能性もあります。
みなさんも挑戦してみてはいかがでしょうか。
 

てことで、ではまた!

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

no image

iPad で1つ前のアプリに瞬時に切り替える方法

こんばんは、iPad をほぼ100% 寝モバに使ってる Iwasaki です。  

記事を読む

もうすぐペルセウス座流星群と七夕(旧暦)ですよ

  こんばんは、意外とロマンチストの Iwasaki です。   今日

記事を読む

no image

サルにもできる(?)霧箱の作り方 その4

こんにちは、Iwasaki です。 今回は、第3回に引き続いて霧箱シリーズ第4回(おそらく最終

記事を読む

口内炎に飴療法が効きそうなので予備実験をしてみた

  こんにちは、口内炎ができるとなかなか治らない Iwasaki です。  

記事を読む

App Store のランキングはどうやって決まるのか? その4

こんにちは、iPhone にはケースもフィルムも付けない派の Iwasaki です。 とい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スポンサード リンク
大気減光の光路長の球体近似式を考てみた

大気減光の光路長とは? 夕日の写真や天体写真を撮るとき、光が大

珍しい大気光学現象、月虹 moonbow の写真

珍しい大気光学現象のひとつである月虹(英語でmoonbow)の写真が

COVID-19分析その4〜増加率で予想する米国の今後

こんにちは、計測マニア イワサキです。   イタ

COVID-19分析その3〜増加率による感染爆発の判断と暗算法

こんにちは、計測マニアのイワサキです。 今回もコロナ関連です。

各国のCOVID-19状況の分析 (2020/03/22時点) その2 〜感染爆発期の致死率は信用できない

こんばんは、計測マニア イワサキです。 昨日にひきつづき、新型コロナ

→もっと見る

PAGE TOP ↑