肉眼では見えない動きを見る タイムラプス動画は超楽しい!

公開日: : 最終更新日:2013/11/25 ブログ, 写真・カメラ ,

スポンサード リンク

スポンサード リンク

 
こんばんは、レンズ沼の住人 Iwasaki です。
 

なにはともあれ、下の2つの動画をご覧下さい。
最初のはたったの8秒で、次のは51秒ありますが。

こういうのをタイムラプス動画とか微速度撮影などと言います。
ビデオを再生するときに早回しにしたような動画です。
どちらも通常の時間経過の150倍の速さになっています。

最初のはカクカクしてて動きが滑らかではないですね。
これは、15秒おきに撮影して、毎秒10枚(10 [fps])の動画にしたからです。つまり、
 10 [枚/秒] x 8 [秒] = 80 [枚]
約80枚の静止画から、動画を作成したわけです。

2つ目は今日撮影したもので、より滑らかになるように5秒おきに撮影して、30 [fps] で動画作成しました。
 30 [枚/秒] x 51 [秒] = 1530 [枚]
1500枚以上の静止画を撮影したわけです。

もちろん、三脚でカメラを固定して自動で撮影しました。
パナソニックの DMC-G6 や DMC-GH3 にはインターバル撮影という機能が付いてますので、それを使って何秒かおきに自動で撮ればいいわけです。電池の持ちを考えると、液晶の表示はOFF、シャッターは電子シャッターにしておくのがベターです。モードは絞り優先、ISO は AUTO、ホワイトバランスは太陽光がオススメ。

撮影後、DMC-G6 ならカメラ側で動画作成して終わり。実に簡単です。DMC-GH3 なら付属のアプリ PHOTOfunSTUDIO(Mac 非対応)で動画作成します。Mac の iMovie でも作る事ができますが、10 [fps] までしか作れないようなので、無料アプリ Zeitraffer というのが簡単だしオススメです。
 

私はどういうわけか以前から、肉眼で見えないものを可視化することに憧れています。ですので、超望遠、マクロ、魚眼などの特殊なレンズや、長時間露出、高速ビデオなんかが好きなんです。

高速ビデオ(高速度撮影)は目にも止まらないほど速い動きをスローモーションで見せてくれます。スポーツ、水しぶき、花火などを撮ると面白いです。

タイムラプス(微速度撮影)はその逆で、遅すぎて動きが見えないものを可視化します。植物、天体、雲などの動きなどが、いい例です。

今回のもそのような被写体を選びました。
特に2つ目のは2時間以上撮ったかいがあって、元動画では、雲だけでなく、飛行機、人工衛星?、星の動きが見れます。

高速度撮影など、その他の投稿動画は、YouTube のアカウント iPhoneDevIwasaki で見れますので、良かったらどうぞ。

みなさんも、インターバル撮影ができるカメラをお持ちなら、タイムラプスを始めてみませんか?

まだ試してませんが、iPhone でできるようになるアプリもあるようです。
 

てことで、ではまた!
 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

マニア向け ボケのすべて〜上級者編3:ボケ円径の実測とボケ味の評価

こんばんは、レンズグルメの写真下手、Iwasaki です。   今回は実際に手持ち

記事を読む

デジタル一眼を買った初心者が最初にすべきこと:その1 単焦点レンズを使う

  こんにちは、Iwasaki です。   「デジイチ」とか「デジタル

記事を読む

Google 検索 BAN から復活するまでの道のり

こんにちは、Iwasaki です。   一昨日ごろより当サイトが、Goog

記事を読む

5月31日に火星が最接近、まだ間に合います!

こんにちは、イワサキです。 今、火星が地球に接近してて大きく見えるので「スーパーマーズ

記事を読む

iPhone の電話の呼び出し時間を変更する方法

こんにちは、iPhone であまり電話をかけない Iwasaki です。   ホン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサード リンク

スポンサード リンク
「ピタゴラスの定理」を図だけで証明

こんばんは、数学大好きイワサキです。 ずいぶん前に思いついた「ピ

虹メガネ(分光メガネ)のススメ

  こんばんは、計測マニアのイワサキです。  

超簡単! きな粉で作る納豆味噌のレシピ

  こんにちは、計測マニアのイワサキです。  

ハチ(アシナガバチ)に刺されたが温熱療法が劇的に効いた!

温熱療法とは? 虫刺されの対処法はいろいろありますが、

大気減光の光路長の球体近似式を考てみた

大気減光の光路長とは? 夕日の写真や天体写真を撮るとき、光が大

→もっと見る

PAGE TOP ↑