1時間でピンホール・デジカメを作ろう!

公開日: : 最終更新日:2013/08/12 ブログ, 写真・カメラ

スポンサード リンク

スポンサード リンク

 
こんばんは、工作大好き Iwasaki です。
 

今回は、一眼デジタルカメラを持っている人なら、数百円で簡単に作れるピンホールカメラの作り方を紹介します。
 

【材料】

ボディキャップ、アルミホイル、両面テープ、針

まず、手持ちのカメラの元箱を探してみて、ボディキャップが入ってないか見てみましょう。見つかれば材料費はほとんどタダです。

見つからなければ、カメラ屋さんに行って注文しましょう。数百円程度です。
 

【作り方】

ボディキャップが手に入ったら、キャップの中心付近に穴を開けます。
ドリルがあれば速いですね。
なければ、鉄の棒などをガスコンロで熱して押し当て、プラスチックを溶かして開けるという荒っぽい方法もあります。

私の場合、手元にドリルはなく、代わりにルーターという小さな電動ノコがあったので、それを使いました。↓

穴の大きさは、5-10 mm 程度です。
次に、裏面(ボディ側)にアルミホイルを両面テープでくっつけます。
隙間が出来ないように注意してください。

そして、アルミホイルに針で穴を開けます。
だいたい、0.2 mm くらいがいいでしょう。
穴の形、大きさですべてが決まりますので、いろいろ試してみるといいと思います。
大きすぎると当然ボケボケになります。
小さければ小さいほど良さそうに思えますが、光の回折の影響で、ある程度以上は解像度は上がりません。暗くなるデメリットばかりになります。

以上で完成です。
あとは、カメラに取り付けて撮影です。
一種の交換レンズですから、レンズを外してボディに付けます。
カメラの撮影モードを絞り優先オートか、マニュアルにして撮ります。
カメラによっては、「レンズ無しレリーズ」の設定をする必要があります。
画素数は一番小さい設定でいいでしょう。
光学ファインダーしかない一眼レフの場合、構図は勘で決めるか、外付けのビューファインダーを使うことになりますが、ライブビューが可能なカメラならノイジーながらも、ちゃんと液晶画面で構図が決められます。
シャッタースピードは、穴の大きさ、ISO感度、被写体の明るさによりますが、数分の1秒から数秒になると思います。

↓ 下の作例では、ISO 800、1秒でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↓ もう一枚。ISO 200、1/8秒。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピンホールカメラの欠点は、解像度が低いこと、周辺が少し暗くなることなどです。

長所としては、ピントがどこにでも合うこと、像の歪みが全くないことです。さらにもうひとつ、撮像板の汚れが簡単に見つかります。上の写真では、スペースバーの所にゴミが見えます。

ちなみに、使用したカメラは E-PL1 で、ピンホールから撮像板までの距離(焦点距離)は、25 mm でしたので、標準レンズの画角と同じです。

最近のデジタルカメラなら、ISO 数千まで感度を上げられますので、手持ち撮影も可能です。

ボディキャップとして常用したい場合には、裏面に顕微鏡用のカバーガラスを貼っておけば、ゴミも侵入しません。
 

以上、現代版ピンホール・デジカメの作り方でした。

フィルム時代のノーファインダー、三脚必須のピンホールカメラとは大違いですね。いつも持ち歩いていれば、意外と面白い写真が撮れるかもしれません。
 

てことで、ではまた!

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

福岡の警固断層地震動の予測地図を Google マップに重ねてみた

こんにちは、イワサキです。 まず、熊本地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。 私の住ん

記事を読む

Google 検索 BAN から復活するまでの道のり

こんにちは、Iwasaki です。   一昨日ごろより当サイトが、Goog

記事を読む

フルサイズのイメージセンサー(撮像素子、撮像板)のメリット その1:換算倍率とボケ円径

  こんばんは、Iwasaki です。   以前書いたデジカメ選びの基

記事を読む

低緯度オーロラの見方と撮影法:日本でも見える!?

こんばんは、sky gazer の Iwasaki です。   先週の2014年9

記事を読む

カメラのファインダーを覗く目は右? 左? それとも利き目?

こんばんは、サウスポーの Iwasaki です。   昨日、知り合いの ととさんの

記事を読む

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スポンサード リンク
COVID-19分析その3〜増加率による感染爆発の判断と暗算法

こんにちは、計測マニアのイワサキです。 今回もコロナ関連です。

各国のCOVID-19状況の分析 (2020/03/22時点) その2 〜感染爆発期の致死率は信用できない

こんばんは、計測マニア イワサキです。 昨日にひきつづき、新型コロナ

各国のCOVID-19状況の分析 (2020/03/22時点) その1 〜ホットスポットはポルトガルとアメリカ

こんにちは、計測マニア イワサキです。 新型コロナウイルス感染症(C

ボケ円径、ボケ量、ボケの大きさの計算原理

  お久しぶりです、Iwasaki です。  

福岡陸運支局で初のユーザー車検

こんにちは、計測マニアのイワサキです。   今日、自

→もっと見る

PAGE TOP ↑