続:自サイトの負荷軽減対策を行ったら かなり高速化できた件

公開日: : 最終更新日:2013/11/30 サイト管理, ブログ

スポンサード リンク

スポンサード リンク

 
こんにちは、Iwasaki です。
 

昨日の記事では、CloudFlare と W3 Total Cache を組み合わせることで、キャッシュを利用した高速化を達成したわけですが、実はそれ以外にも地味な高速化対策を行ったので書いておきます。

GTmetrix で読込み時間を計測し、Timelineのタブを見ると、どのファイルを読込むのにどれだけ時間がかかったのかが分かります。↓

GT-timeline

この中で、時間のかかる処理を見直すことで高速化が達成できます。

私の場合、プラグインを1つ消して、画像ファイルを3つ軽量化しました。

まず、消したプラグインというのは WP-Cumulus です。これは、タグ・クラウドをFLASHでくるくる回してくれるプラグインです。なかなか素敵だったんですが、iOSデバイスには対応してませんし、すごく時間がかかっていましたのでバッサリ消しました。シンプル イズ ベスト!

画像ファイルは、トップ絵、Twitterアイコン、RSSアイコンを見直しました。まずトップ絵の画素数を少し小さくしたあと、jpgの品質を90%から65%まで落として(圧縮率を上げて)ファイルサイズを半分ほどにしました。Twitterアイコン、RSSアイコンは、1024×1024という無駄に大きいpngファイルでしたので、縮小してjpgに変えました。

実は、この軽量化も 前回のキャッシュ化も 何も行ってない状態(ヤフー砲でアクセス制限された時の状態)では、GTmetrix 計測で なんと6秒台でした。それがキャッシュ化で3秒台になり、軽量化で1〜2秒台になりました。
ヤフー砲でも2ちゃん砲でも、どっからでもかかって来いやぁ!
 

ちなみに、キャッシュ化しないで軽量化だけを行った場合は、前回に書いたように3秒台ですので、キャッシュ化と軽量化は、ほぼ同じくらいの効果があることになります。地味ですが効果はちゃんとあるんですね。
これでもアクセス制限かかるようなら、sixcore に移転ですかねぇ
 

サイトを高速化したい方は、前回の方法と合わせて検討されてはいかがでしょうか。
 

てことで、ではまた!

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサード リンク

スポンサード リンク
「ピタゴラスの定理」を図だけで証明

こんばんは、数学大好きイワサキです。 ずいぶん前に思いついた「ピ

虹メガネ(分光メガネ)のススメ

  こんばんは、計測マニアのイワサキです。  

超簡単! きな粉で作る納豆味噌のレシピ

  こんにちは、計測マニアのイワサキです。  

ハチ(アシナガバチ)に刺されたが温熱療法が劇的に効いた!

温熱療法とは? 虫刺されの対処法はいろいろありますが、

大気減光の光路長の球体近似式を考てみた

大気減光の光路長とは? 夕日の写真や天体写真を撮るとき、光が大

→もっと見る

PAGE TOP ↑