国の暫定規制値以下なら安全なのか計算してみましょう

公開日: : 最終更新日:2012/08/27 ブログ, 自然・科学・計測・原発, 開発・自作アプリ

スポンサード リンク

スポンサード リンク

このところ、牛肉などのセシウム汚染が毎日のように報道されています。今回は食品などに関する国の暫定規制値について考えてみました(このエントリーの内容は、アプリのサポート・サイトの内外被曝合算の補足説明の使用例3に加筆したものです)。

 

口にするすべての食品が、(ヨウ素やストロンチウムには汚染されておらず)セシウムだけに汚染されていて、しかも国の暫定規制値ギリギリの放射能濃度に汚染されていると仮定します。土壌汚染のない地域に住む大人が、それらの食品を1年間食べ続けた場合に受ける総被曝線量を、アプリ「内外被曝合算」を使って計算してみましょう。

5つの食品グループの暫定規制値と、日本人成人の平均摂取量は以下の通りです。

飲料水       200 Bq/kg   1650 g/day
牛乳・乳製品    200 Bq/kg    200 g/day
野菜類       500 Bq/kg    600 g/day
穀類        500 Bq/kg    300 g/day
肉・卵・魚・その他 500 Bq/kg    500 g/day

まず、初期値である自然からの外部被曝小計と内部被曝小計を[合算]します(この値は世界平均です)。

セシウム137とセシウム134の比率が分からないので1:1と仮定し、成人、経口摂取の係数の中間の値0.016を[実効係数]の欄に手入力します。

飲料水の[放射能濃度]として200を入力し、[摂取量]の欄に1650と入力します。
内部被曝小計の1.93 mSvを[合算]します。

同様に他の4つのグループの値を入力し[合算]を繰り返します。

 

総被曝線量は年間8.7 mSvで、発がんリスクは1152人に1人と表示されました。
自然被曝の2.4mSvの約3.6倍になります。

これを無視できるリスクと見るか、無視できないリスクと見るかは、考え方や状況によっても違うでしょうし、最終的には個々人の判断になると思います。

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

フルサイズのイメージセンサー(撮像素子、撮像板)のメリット その1:換算倍率とボケ円径

  こんばんは、Iwasaki です。   以前書いたデジカメ選びの基

記事を読む

続:自サイトの負荷軽減対策を行ったら かなり高速化できた件

  こんにちは、Iwasaki です。   昨日の記事では、Cloud

記事を読む

1時間でピンホール・デジカメを作ろう!

  こんばんは、工作大好き Iwasaki です。   今回は、一眼デ

記事を読む

no image

2016年前半、音楽界の”巨星墜つ” 〜 デヴィッド・ボウイから冨田勲まで

こんにちは、プログレッシブ・ロックが好きなイワサキです。   今年は、音楽界の

記事を読む

今夜から明日の未明、しぶんぎ座流星群の極大で観測条件は最高ですよ!

  明けましておめでとうございます、寒がりの Iwasaki です。 2014年も W

記事を読む

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スポンサード リンク
ハチ(アシナガバチ)に刺されたが温熱療法が劇的に効いた!

温熱療法とは? 虫刺されの対処法はいろいろありますが、

大気減光の光路長の球体近似式を考てみた

大気減光の光路長とは? 夕日の写真や天体写真を撮るとき、光が大

珍しい大気光学現象、月虹 moonbow の写真

珍しい大気光学現象のひとつである月虹(英語でmoonbow)の写真が

COVID-19分析その4〜増加率で予想する米国の今後

こんにちは、計測マニア イワサキです。   イタ

COVID-19分析その3〜増加率による感染爆発の判断と暗算法

こんにちは、計測マニアのイワサキです。 今回もコロナ関連です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑