初心者向け Exif 情報の危険性と活用法〜その2: iPhone での見方

公開日: : 最終更新日:2014/05/26 ブログ, 人さまのアプリ, 写真・カメラ

スポンサード リンク

スポンサード リンク

こんにちは、Iwasaki です。
 

昨日の第1回では、危険性やその回避法について書きましたが、第2回の今回はいよいよ本題の有効活用を説明します。

Exif 情報には、撮影日時、絞り(F値)、シャッタースピード、ISO 感度、露光補正値などのほか、焦点距離、測光方式、フラッシュ、レンズの機種名、撮影デバイスの機種名、記録画素数など様々なデータが含まれます。フィルム時代の几帳面なカメラマンは、これらのうち必要な事項を撮影ノートに手書きで記録し、最適な撮影条件を探っていたものです。デジタルになって、その作業から開放されたわけですから、とてもありがたいことです。
 

iPhone で Exif 情報を見る方法

では、さっそく iPhone に保存された写真の Exif 情報を iPhone で見る方法を説明しましょう。

残念ながら iPhone には、 Exif 情報を表示する標準アプリはありません。せめて撮影日時くらいは見れたら、と思うのですが。

Exif 情報を表示してくれる無料アプリは下の2つがオススメです。


PhotosEXIF 1.4.8(執筆時 無料)


Exif Wizard 3.7(執筆時 無料)

 

それぞれ一長一短ありますが、今回は PhotosEXIF を使って説明しましょう。

アプリを立ち上げるとアルバム一覧の画面になりますので、見たいアルバム、見たい写真を選ぶと以下の画面になります。↓

IMG_3322

↑ 選んだ写真が見えていますね。

下段のセレクターに写真、EXIF、GPS の3つの選択肢があって、最初は写真が選択されています。

EXIF を選ぶと、お目当ての Exif 情報が表示されます。
内容については、後で詳しく説明します。

↓ ちなみに、ここで一番右の Map を選ぶと、

IMG_3324

↑ 地図が表示されます。
そうです。これが前回述べた GPS 情報です。
この写真を撮った場所が特定されるわけです。

この場所は、以前めしログで紹介した翔悦という店で、場所を特定されても別に困りませんが、これが自宅だったりすると非常にマズいですよね。

このように、GPS 情報記録をオンにして撮った写真には Map という項目が表示されるので、オンだったことが一目で分かってしまいます。

↓ 逆に前回説明した方法で、GPS をオフにして撮った写真の場合には、

IMG_3325

↑ セレクターに Map の項目が出ませんので、オフだったことが分かります。
 

Exif 情報の内容

まず注意しておきたいのは、Exif 情報の内容を信用しすぎてはいけないということです。大部分の項目は、カメラメーカーが設計値を書き込んでいるだけですから、かなりの誤差を含んでいることもありますし、まれですが有り得ない値が書き込まれているケースも経験しました。

また、アプリによって表示される項目の順番や形式は異なりますし、すべての項目が表示されるとも限りません。

では、このアプリで表示される Exif 情報を上から説明していきましょう。

IMG_3449

● 種類:JPEG
画像の保存形式が JPEG 圧縮ファイルという意味です。
JPG と書く場合もあります。
iPhone を含め、大抵のデジタルカメラで撮った画像はこの形式で保存されます。他には非圧縮の TIFF や、画質劣化のない圧縮形式の PNG などがあります。iPhone でスクリーンショットを撮った場合には PNG 形式になります。

● ファイルのサイズ:1.693(MB)
ファイルサイズが1.693 [MB] ということです。
非圧縮のカラー画像ファイルはRGBの3チャンネルから成るので、画素数 X 3 [Byte] のサイズになります。iPhone 5s の背面カメラ(画素数 3264 X 2448 = 7990272)の場合、非圧縮だと 7990272 X 3 = 23.97 [MB] にもなってしまうので、JPEG という方式で圧縮して 1/14 位のサイズにしてあることが分かります。

● 保存した日時:2014-01-24 13:39:30
これが撮影日時です。日付と時刻が秒単位まで分かります。
iPhone の時計は定期的に時刻合わせが行われていて、正しい時刻(日本標準時、JST)とのズレは経験的に2秒以内です。撮影日時がこれだけ正確に記録できていると、犯罪捜査に協力するときや、天体写真の時刻を知りたい時など重宝するかもしれませんね。

● 画像サイズ:3264 X 2448
記録画素数です。
横 X 縦(横位置で撮った場合)の画素数です。
iPhone 5s の前面カメラなら1280 X 960 となります。

● モデル:iPhone 5s
撮影デバイスの機種名です。
ちなみに 5s、5c の正式表記は小文字で、それ以前の 4S などは大文字です。

● ソフトウェア:7.0.4
iOS のバージョンです。

● 撮影日時:2014-01-24 13:39:30
撮影日時です。先ほどの「保存した日時」と同じです。

● ISO:250
ISO 感度です。
iPhone 5s の背面カメラなら、32〜2500の範囲です。

● 露出モード:Auto
絞り優先やマニュアルなどの露出モードです。
iPhone にはオートしかありませんが。

● 露出プログラム:Program Normal
一眼カメラなどでは、いろいろな露出プログラムがあるんでしょうが、iPhone では Program Normal しかないようです。

● 測光方式:スポット測光
画面のどこの明るさを測って露出を決めたかという意味です。
iPhone では、画面のどこかを指で触ってからとると、スポット測光になります。
触らずに撮ると、画面全体を評価するマルチパターン測光になります。

↓ このあたりから下の項目は上にスクロールすると見えてきます。

IMG_3450

● 露出時間:33333/1000000
シャッタースピードのことです。
100万分の33333秒とは、分かりにくい表記ですね。1/30秒のことです。

● 絞り値:F2.2
F値のことです。
iPhone 5s の背面カメラは F2.2 固定です。
ちなみに 5s の前面カメラや 5c の背面カメラは F2.4 です。

● レンズ焦点距離:4.12 mm
iPhone 5s の背面カメラは 4.12 mm 固定です。
ちなみに 5c、5の背面カメラも 4.12 mm、5s の前面カメラは、2.15 mm、 です。

● フラッシュ:なし
フラッシュ(ストロボ)を使わなかったという意味です。
 

以上、iPhone で Exif 情報を見る方法と、各項目の意味を解説しました。

次回は、Mac で Exif 情報を見る方法を書きます。
 

てことで、ではまた!

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

no image

代替え地図アプリまとめ:iOS 6 の地図で困っている人に

こんにちは、「食べログ」大好きの Iwasaki です。   昨日書いた記事のとお

記事を読む

デジタル一眼を買った初心者が最初にすべきこと:その3 絞りの効果を知る

  こんにちは、Iwasaki です。   前回までに、初心者は単焦点

記事を読む

今日から「iTunes 12 DAYS プレゼント」だけど注意点が2つ〜下手すると有料?

こんにちは、Iwasaki です。  

記事を読む

no image

テストフライトのチームに新メンバーを追加する方法

  こんばんは、最近アプリのリリースが停滞気味の Iwasaki です。 水面下でやっ

記事を読む

今さら気づいた Google Maps を一本指で自在に拡大縮小する方法

  こんばんは、方向音痴なら負けない自信がある Iwasaki です。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スポンサード リンク
ブロッケン現象と富士山と上空の放射線量(0.55μSv/h)

こんにちは、飛行機大好きイワサキです。 飛行機に乗るときは必ず窓

2017/03/12の内暈と 2015/10/02のグリーンフラッシュ

こんにちは、sky gazer のイワサキです。 内暈(ないうん

no image
スマートメーターと Wi-SUN 通信用 USB ドングルを使った電力使用量の「見える化」

こんにちは、計測マニアのイワサキです。 ずいぶんと更新をサボって

[めし] 食べログ点数つき 博多うどん & 福岡うどん 名店一覧

こんにちは、麺喰いのイワサキです。   うどん発祥の

no image
今年の夏至は6月21日、でも日の入りが一番遅いわけではない?

こんにちは、イワサキです。   6月21日は、今

→もっと見る

PAGE TOP ↑