中国からの越境大気汚染 PM 2.5 に注意! サイトやアプリでチェックしよう

公開日: : 最終更新日:2014/08/07 ブログ, 人さまのアプリ, 健康

スポンサード リンク

スポンサード リンク

 
こんにちは、空を見るのが好きな Iwasaki です。
 

中国から過去最悪レベルの大気汚染物質が日本へ飛来しているようです。

このところ中国では大気汚染が酷く、飛行機の欠航や高速道路の閉鎖が相次いだり、死者まで出ているそうです。

 中国大気汚染 全国的に再び有害物質含んだ黒い霧に覆われる

 中国、大気汚染「まるで毒ガス弾」 北京では死者…呼吸器不調が急増

その汚染物質が偏西風に乗って日本に飛来しています。
汚染物質の成分は、硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)、残留性有機汚染物質(POPs)、すす、重金属などです。

飛来の予測をこちらこちらのサイトで見ることができます。

今日1月30日と明日が特に飛来が多いようです。しかも西日本だけでなく全国的に。
 

西日本では黄砂の飛来は大昔からあって、春の風物詩ですらあるんですが、最近は黄砂だけでなく大気汚染物質まで一緒に飛来するようになりました。

黄砂は自然現象ですが、呼吸器系などに ある程度の悪影響があります。
一方、越境大気汚染は、桁違いに深刻です。
条件が重なると光化学スモッグが発生して命に関わる事もあります。

一般的な症状としては、ぜんそくの悪化、花粉症に似た症状、せき、喉の痛み、目の違和感、頭痛などのほか、長期的には発がん性も疑われています。
花粉症と思っていたら、実は越境汚染が原因だったってことも結構ありそうです。
 

黄砂と越境大気汚染は、同じ偏西風に乗って飛来しますから密接な関係があり、黄砂が酷い日には越境大気汚染も酷い傾向があるにはあるんですが、発生場所が異なるので常にそうとは限りません。

つまり、黄砂が少ないからといって、越境大気汚染も少ないとは限らないので注意が必要です。

今回はまさにそういう状況のようです。

↑ 今日の福岡は、黄砂のレベルとしては中程度なんですが、大気汚染物質は多めのようです。
中国で過去最悪レベルの大気汚染が発生したためです。

以下のような対策をとられることをお勧めします。
・自宅や職場の窓は閉め切る
・外出はできるだけ控える
・マスクを着用する
・空気清浄器を利用する
・こまめに目や鼻を洗う
 

季節になると花粉症の予報が新聞に載りますが、黄砂や越境大気汚染の予報も ぜひ載せるべきだと思います。

日中関係、最近はギクシャクしていますが、日本国民の健康を守るためにも、汚染対策で何らかの働きかけをしてほしいですよね。

てことで、ではまた!

 

2013/02/02 追記:

昨日の読売オンラインの記事:
中国の汚染大気?日本へ、福岡市で基準超す
によると、やはり1月31日は福岡でもかなり酷かったようです。

「PM 2.5」、つまり直径 2.5 μm (千分の2.5mm)以下の粒子状物質(Particulate Matter)の日本国内の基準値は、1日平均で1立方メートルあたり 35 μg 以下と定められているそうですが、福岡市では、24日に基準値を超える37.5、30日には36.3、31日には なんと52.6という数字が観測されたそうです。

神奈川県は、毎日の測定値を公開しています。
微小粒子状物質(PM2.5)測定結果【速報値】:神奈川県

2.5 μm 以下ってことは、通常のマスクはしないよりはマシなんでしょうが、かなり素通しに近いかもしれませんね。困った困った。

 

2013/02/28 追記:

2月23日も福岡市西区の元岡測定局で午前3時、PM2.5濃度が大気1立方メートルあたり105マイクログラムを観測されたそうです。

PM2.5:福岡市で高濃度観測 | 毎日jp

今日も福岡は霞んでいて、さきほど外出したら後でくしゃみが出ました。花粉症もちではないはずなんですが。

マスクは、N95 規格のものだと、0.3μmの粒子を95%以上捕集できるそうです。価格も数百円程度とか。

 

2013/03/10 追記:

遅ればせながら行政も、PM2.5や黄砂の監視や公表を積極的にするようになってきてるようです。たとえば、
 環境省の大気汚染物質広域監視システム:そらまめ君
でもこのサイト、アクセスが殺到してるんでしょう。つながりにくいことが多いです。

福岡県の方なら、こちらがオススメです。
 福岡県の大気環境状況
1時間ごとに県内20箇所で測定された速報値が一週間分見れます。

 

2013/03/25 追記:

下記の記事で tenki.jp のサイトや iPhone アプリで、予測が見れることを知りました。
 「tenki.jp」にてPM2.5のレーダーを観覧できるようになった!!

これはいいですね!

↑ 画面下のメニューから「その他」を選ぶと、2番目に「PM2.5分布予測」という項目があります。
3日先までの3時間ごとの予測が見れるので、オススメです。


tenki.jp 1.6.1(無料)
カテゴリ: 天気
販売元: 一般財団法人 日本気象協会 – Japan Weather Association(サイズ: 3.4 MB)

 

このサイトを気に入っていただけましたら、RSS登録おねがいします。
RSS登録

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

大気減光の光路長の球体近似式を考てみた

大気減光の光路長とは? 夕日の写真や天体写真を撮るとき、光が大気の層を通過することによる減光

記事を読む

ヒトにも偏光検知能があった! 君はハイディンガーのブラシを見たか?

こんばんは、光学大好きのイワサキです。   ハイディンガーのブラシってご存知ですか

記事を読む

デジタル写真の最大の弱点は信頼性!?

「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり」  こんにちは、Iwasaki です。  

記事を読む

no image

サルにもできる(?)霧箱の作り方 その1

こんばんは、工作大好きの Iwasaki です。 前回のエントリーでエタノールの利用法を書きま

記事を読む

初心者のための流星群の見方

  こんにちは、趣味にはこと欠かない Iwasaki です。   10

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スポンサード リンク
ハチ(アシナガバチ)に刺されたが温熱療法が劇的に効いた!

温熱療法とは? 虫刺されの対処法はいろいろありますが、

大気減光の光路長の球体近似式を考てみた

大気減光の光路長とは? 夕日の写真や天体写真を撮るとき、光が大

珍しい大気光学現象、月虹 moonbow の写真

珍しい大気光学現象のひとつである月虹(英語でmoonbow)の写真が

COVID-19分析その4〜増加率で予想する米国の今後

こんにちは、計測マニア イワサキです。   イタ

COVID-19分析その3〜増加率による感染爆発の判断と暗算法

こんにちは、計測マニアのイワサキです。 今回もコロナ関連です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑