[めし] 豚骨ラーメン発祥の店、久留米の南京千両!

公開日: : めしログ

スポンサード リンク

スポンサード リンク

↑ 野中五差路のそばにある南京千両の本店に聖地巡礼に行って来ました。

豚骨ラーメンの発祥の地は、博多と思っている方が多いでしょうが、Wikipedia の久留米ラーメンの項によると元々は久留米なんだそうです。そして、発祥の店はこの南京千両。昭和12年(1937)に開店ってことは、まだ80年も経ってないんですね、豚骨ラーメンの歴史。

↑ 昭和ですねぇ。

slooProImg_20130526181528.jpg

↑ メニューはこんな感じでシンプル。
(ここまで店内が暗いわけじゃなくて、メニューの反射に露出がひっぱられたからかな。)

↑ 初来店なので、当然ラーメン 500円を注文。

中央の海苔が久留米ラーメンを主張してるかのようです。
チャーシューは薄切りではなく刻み。
あとは、ネギとシナチクのトッピング。
麺は博多ラーメンより太めで、意外にも縮れています。
中華そばの名残を残しているんでしょうか。

↑ (iPhone 5 + 自作クローズアップレンズで撮影)
スープは黄色がかってますが、白濁は少なめです。
脂もほぼ皆無ですし、もちろん膜も張ってません。

味の方は、獣臭も少なく、塩も控えめで、優しい味…
と書くと何だか物足りなそうな感じですが、不思議と満足できる味なんです。
懐が深いというか…

発祥の店という感慨のせいで、評価が甘口になったんでしょうか?
いや、たぶんそうじゃないと思います。
私が未熟なせいで、この繊細な味を表現できないだけでしょう。
 

豚骨スープの先達に思いを馳せながら、ありがたくいただきました。
ごちそうさまでした。
 

南京千両本家 五差路店
0942-37-7279
福岡県久留米市野中町702-2
食べログで見る

 

Posted from するぷろ for iPhone.

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

[めし] ボン田中で八年カリーをいただく

八年カリー、580円。 カリーって書くのでインド風みたいですが、欧州カレー風で

記事を読む

観光ガイドには載ってない とっておき福岡おもてなしフォトドライブ & B級グルメスポット

  こんにちは、生まれも育ちも福岡の Iwasaki です。   今回

記事を読む

[めし] 博多らあめん てんの焼ラーメン

焼ラーメン、700円。 有名な小金ちゃんのようなソース味ではなく、豚骨味でスープの量が多め

記事を読む

[めし] 熟成7ヶ月の自家製生ハム(コッパもどき)

ときどき生ハムを作っています。 今あるのは、7ヶ月前に仕込んだコッパもどき。 熟成がかなりい

記事を読む

[めし] 丸天うどん専門店の万平は期待以上

  こんにちは、麺喰いの Iwasaki です。   今日は、「麺や

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサード リンク

スポンサード リンク
「ピタゴラスの定理」を図だけで証明

こんばんは、数学大好きイワサキです。 ずいぶん前に思いついた「ピ

虹メガネ(分光メガネ)のススメ

  こんばんは、計測マニアのイワサキです。  

超簡単! きな粉で作る納豆味噌のレシピ

  こんにちは、計測マニアのイワサキです。  

ハチ(アシナガバチ)に刺されたが温熱療法が劇的に効いた!

温熱療法とは? 虫刺されの対処法はいろいろありますが、

大気減光の光路長の球体近似式を考てみた

大気減光の光路長とは? 夕日の写真や天体写真を撮るとき、光が大

→もっと見る

PAGE TOP ↑