ミラーレス一眼とは何か? メリット・デメリットは?

公開日: : 最終更新日:2014/05/30 ブログ, 写真・カメラ

スポンサード リンク

スポンサード リンク

 
こんばんは、趣味は写真というよりカメラの Iwasaki です。
 

国内で売れるレンズ交換式カメラのうち、ミラーレス一眼の割合は約半分だとか。
今回は、一眼レフやコンデジと、このミラーレス一眼との違いを解説してみます。

 

ミラーレス一眼の定義

撮影レンズを通った光を使ってファィンダー像を作る場合、through the lens を略して、TTLファィンダーと呼びます。撮影用とファインダー用の光学系が一系統なので、一眼とも呼びます。

TTLファィンダーには、光学式と電子式の2種類があります。

光学式TTLファィンダーは、普通はミラーによる反射 reflex を利用します。
これが、一眼レフ single-lens reflex, SLR です。

一方、電子式TTLファィンダー(電子ビューファインダー EVF や液晶ディスプレイ)の場合、ミラーは不要です。光センサーである撮像板からの信号を、リアルタイムで液晶に表示(ライブビュー)すればいいからです。
iPhone や携帯電話に付いているカメラ、コンパクトデジタルカメラなどは全て電子式TTLファィンダーです。

これらは全て、ミラーのない一眼方式なので、ミラーレス一眼と呼んでも良さそうですが、通常はレンズ交換式のものだけをミラーレス一眼と呼びます。

ちなみに、ミラーレス一眼レフという言い方は間違いです。反射は使いませんので。
 

一眼レフと比べたときのメリット

・ミラーがないぶん、一眼レフに比べて小型・軽量・静音・低価格なものが多い。
・ミラーショックによるブレがない(シャッターショックはわずかながら有り)。
・視野率100%が簡単に実現できる(一眼レフでは高級機種のみ)。
・バックフォーカス(レンズ後端から像面までの距離)を短くできるので、光学設計が容易なため優れた広角レンズが期待できる。小型軽量化、低価格化、なども。
・フランジバック(レンズマウント面から像面までの距離)が短いので、マウントアダプターを用いて使えるレンズの種類が多い。
・ファインダー画像を電子的に補正できるため、電子補正を前提としたレンズ設計が可能。
・プレビュー(絞り込み)時の画像が忠実で、しかも暗くならない。
 

一眼レフと比べたときのデメリット

・交換レンズ、アクセサリーなどのシステムが まだ貧弱。
・AFの速度が遅い。
・ファインダー表示に若干のタイムラグがある。
・フルサイズ一眼レフに比べると、ボケ、解像度、感度などの面でやや不利。
・撮像板と液晶が常にONなので電池消耗が早い。
・EVFがない場合、晴天時の視認性が悪い。

 参考:Wikipedia:ミラーレス一眼カメラ
 

コンパクトデジカメと比べたときのメリット

・レンズ交換ができる。
・撮像板サイズが大きい場合が多く、ボケ、解像度、感度などの面で有利。
・コンデジよりは動作速度が速い場合が多い。
・ストロボなどのアクセサリーがコンデジよりは充実している。
 

コンパクトデジカメと比べたときのデメリット

・コンデジほど小型・軽量・低価格が期待できない(レンズ沼にハマれば さらに)。
・レンズ交換時にホコリが侵入する可能性。
・フォーカルプレーンシャッターの場合、レンズシャッターよりシャッターショックがわずかに大きい。
・使いこなすには、それなりの勉強が必要。
 

どのタイプが生き残るの?

ざっとまぁ、比較するとこんな感じでしょうか。

私見ですが、今後コンパクトデジカメは衰退の一途をたどるのではないか、と予想してます。
スマートフォン付属のカメラが、画質面でほぼ同等になったうえ、加工性などでは上だからです。
それに、スマートフォンは常時携帯しているという絶対的な強みがありますしね。

一眼レフやミラーレス一眼も、似たような苦しい状況になっていくんでしょうが、レンズ交換やボケという、スマートフォンには真似できない利点がありますので、ある割合で生き残ると思います。

ボケの大きさがレンズによって、どのくらいになるのか知りたければ、この2つのアプリが便利です(ちゃっかり自作アプリを宣伝)。


ボケ予測 1.4.1(無料)


ボケ予測Pro 1.0(¥300)

ボケに関して多くの方が誤解しておられますが、ボケはレンズだけで決まります。
撮像板の大きさは関係ありません。
撮像板が大きくなると、それに見合ったレンズ、つまり焦点距離が長く、F値が小さいレンズを使うので、ボケも大きくなるわけです。詳しくはこちら
 

では、一眼レフとミラーレス一眼ではどちらが生き残るのでしょうか。
ボケに関して有利な一眼レフ、特にフルサイズ一眼でしょうか?
今の時点で予測するのは無理ですが、個人的にはミラーレス一眼がもっと頑張って良くなってくれればいいなと思っています。

てことで、みなさんも自分に合ったカメラを選んで楽しいカメラライフを!

 

2013/04/09 追記
続編っぽい記事を書きました。
 デジカメを選ぶとき 何を基準にしたらいいの?

 

↓ このカメラは、ミラーレスでも一眼でもなく、二眼レフの Rolleiflex ですw
 (そろそろ売りたいなぁ)

RolleimS

 

このサイトを気に入ってもらえたら、RSS登録していただけると嬉しいです。
RSS登録

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

no image

サルにもできる(?)霧箱の作り方 その2

こんばんは、Iwasaki です。 今回は前回に続き、霧箱の第2回目です。  

記事を読む

no image

iOS 6.0.1 の変更点

こんにちは、Iwasaki です。 今日、iOS 6.1ベータ版が開発者向けに公開されましたが

記事を読む

フルサイズのイメージセンサー(撮像素子、撮像板)のメリット その3:換算ISO値のススメ

  こんにちは、Iwasaki です。   前々回と前回とで、フォーマ

記事を読む

口内炎に飴療法が効きそうなので予備実験をしてみた

  こんにちは、口内炎ができるとなかなか治らない Iwasaki です。  

記事を読む

no image

サルにもできる(?)霧箱の作り方 その3

こんにちは、Iwasaki です。 前回に引き続き、第3回は霧箱で見えた放射線がどこから来たの

記事を読む

Comment

  1. […] ミラーレス一眼とは何か? メリット・デメリットは? | What’s Iwasaki? […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スポンサード リンク
超簡単! きな粉で作る納豆味噌のレシピ

  こんにちは、計測マニアのイワサキです。  

ハチ(アシナガバチ)に刺されたが温熱療法が劇的に効いた!

温熱療法とは? 虫刺されの対処法はいろいろありますが、

大気減光の光路長の球体近似式を考てみた

大気減光の光路長とは? 夕日の写真や天体写真を撮るとき、光が大

珍しい大気光学現象、月虹 moonbow の写真

珍しい大気光学現象のひとつである月虹(英語でmoonbow)の写真が

COVID-19分析その4〜増加率で予想する米国の今後

こんにちは、計測マニア イワサキです。   イタ

→もっと見る

PAGE TOP ↑