マニア向け ボケのすべて〜上級者編2:二線ボケなどのボケ味を考える

公開日: : 最終更新日:2014/08/11 ブログ, 写真・カメラ, 開発・自作アプリ

スポンサード リンク

スポンサード リンク

こんばんは、3連休は天気が良いのでちっともプログラミングが進まない Iwasaki です。


前回は、前ボケの計算まで行きましたが、今回はボケ講座上級者編その2、ボケ味の話です。


1426368_346103372201225_186862241_n

Q:ボケ量とボケ味ってどう違うの?

A: ボケ量は、ボケ円径と同じ意味です。私としては、量だと漠然とした印象なので、より具体的なボケ円径という言葉を好みます。

さて、ボケ味となると、これまた漠然としてます。一般にはボケの質を指すようですが、量と質を合わせてボケ味と表現する場合もあるようです。今回は分かりやすいように質だけを表すことにしましょう。


Q:ボケ味って評価できるものなの?

A: 味覚に個人差があるように、ボケ味に対する好みにも個人差があると言われています。しかし、万人がマズいと感じる料理があるように、ボケ味にも一定の基準はあります。

たとえば、悪いボケ味の代表として、「二線ボケ」があります。1本の縦線がボケたとき、ボケは内部の明るさが等しい縦長のトラック形になるはずですが、二線ボケの場合には、縦の二辺の近くが明るくなります。このようなボケが画面に沢山あると2本の線が沢山みえることになり、「ボケがうるさい」などと言われます。他には、ある方向に流れたようなボケもよくないボケ味と言われます。

理由はこれから述べますが、私個人は理想のボケがあると考えています。つまり、理想から離れるほど悪いボケであり、個人の好みの問題ではないということです。好みがあるとしたら、離れる方向性によって許容できるかできないかに個人差がある、ということではないかと思います。


Q:悪いボケ味になる原因ってなに?

A:二線ボケのような現象が起こる原因はレンズの収差です。

代表的な収差には、色収差、球面収差、コマ収差、非点収差、像面湾曲、歪曲収差、の6種類があります。このうち、1~4番目の収差は、点光源が撮像板に点として結像しないタイプの収差です。ボケ味に一番関係が深いのは球面収差です。

虫メガネで太陽光を集光して黒い紙を燃やす遊び、したことありますか?そのとき一番集光するポイント(焦点)ではなく、少し紙に近い側にレンズを置いたとき、ボケ円の周辺に近いほど明るく、中心がやや暗くなることが分かります。これが球面収差です。球面レンズの周辺部は、中心部と比べてやや短い焦点距離を持つからです。

写真レンズが1枚ではなく7枚や8枚ものレンズで構成されているのは、球面収差をはじめ、6つの収差をできるだけ補正するためです。しかし、そう簡単に全ての収差を完全に補正できるわけではないので、少し残ります。この残存収差のせいで、点光源が点に結像しないため、解像度が落ちます。

そして、残存収差はボケ味も悪くすると考えられます。


Q:収差がどうボケ味に影響するわけ?

A:たとえば球面収差の補正が不足だと、虫メガネと同じように前ボケ円の周辺が明るくなります。逆に過補正の場合は、後ボケ円の周辺が明るくなります。過補正が強いと後ボケが二線ボケになり、不足補正が強いと前ボケが二線ボケになります。

Wikipedia のボケ(写真)のページにEF 85mm F1.2Lという、ポートレート写真家なら、誰もが憧れるレンズで撮った作例があります。調べてみたら20万円以上する超高級品です。しかし、この作例、2つほどツッコミどころがあります。

画面右の方に、木漏れ日がほぼ点光源となって、ボケ円がはっきりしている部分があります。これを見るとボケ円の周辺が明るいことから、球面収差の過補正であることが分かります。

また、画面四隅のボケ円が真円ではなくラグビーボール型をしています。これは口径食です。これについては後ほど書きます。

非点収差というのは、人間の眼で言えば乱視です。これが残っている場合、解像度が落ちるのはもちろん、ボケ円が楕円形になります。ある方向に流れたようなボケは、非点収差やコマ収差が原因と考えられます。

輪郭に色がにじんで見えるのは色収差が残っているからです。もちろん解像度も落ちますし、ボケ円のフチもにじんで色が付きます。

このように、解像度を落とす原因となる残存収差は、必ず理想的なボケ円を壊します。理想的なボケ円とは中級者編で述べたように、フチがシャープな真円で内部の明るさが一様です。逆に、理想的なボケ円が出るレンズは解像度も高いということになります。


はい、今回も長文お疲れさまでした。口径食や回折ボケなどは次回以降にします。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

新作 iPhoneアプリ「ボケ予測」リリース!

  皆様こんにちは! 他人様のアプリ紹介記事で日間アクセス自己最多を塗りかえた Iwas

記事を読む

乳幼児期にエアコンを使いすぎると、汗腺が発達せず熱中症になりやすくなる!?

こんにちは、あまり汗をかかない Iwasaki です。   今年も本格的な

記事を読む

初心者向け Exif 情報の危険性と活用法〜その3: Mac での見方

こんばんは、Iwasaki です。   前回は、iPhone に保存された写真の

記事を読む

カメラ初心者におくる被写体選びのヒント〜写真には愛が写る

こんにちは、カメラマニアのイワサキです。 技術的な話が多い当ブログですが、今回はちょっと観念的

記事を読む

各国のCOVID-19状況の分析 (2020/03/22時点) その2 〜感染爆発期の致死率は信用できない

こんばんは、計測マニア イワサキです。 昨日にひきつづき、新型コロナウイルス感染症(COVID-1

記事を読む

Comment

  1. andantino190 より:

    ふむふむ、今度からレンズのレビュー記事見るときはボケ具合をもっと注意深く観察してみなくては・・・
    φ(..)メモメモ いやー 勉強になります〜。
    あ、そうそう、ganref.jpの撮影記にちょこっとボケ予測アプリのこと書いときました〜。
    (私のところは見に来る人少ないですけどね (^^ゞ)

    • Iwasaki より:

      いつも熱心に読んでいただき感謝です。とても励みになります。
      ganrefへの書き込み、どうもありがとうございます!
      使い方がよく分からないので、まだ見つけられてませんが、探してみます。

      あ、TwitterのほうにDM送らせていただきました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スポンサード リンク
大気減光の光路長の球体近似式を考てみた

大気減光の光路長とは? 夕日の写真や天体写真を撮るとき、光が大

珍しい大気光学現象、月虹 moonbow の写真

珍しい大気光学現象のひとつである月虹(英語でmoonbow)の写真が

COVID-19分析その4〜増加率で予想する米国の今後

こんにちは、計測マニア イワサキです。   イタ

COVID-19分析その3〜増加率による感染爆発の判断と暗算法

こんにちは、計測マニアのイワサキです。 今回もコロナ関連です。

各国のCOVID-19状況の分析 (2020/03/22時点) その2 〜感染爆発期の致死率は信用できない

こんばんは、計測マニア イワサキです。 昨日にひきつづき、新型コロナ

→もっと見る

PAGE TOP ↑