クラゲを飼おう!

スポンサード リンク

スポンサード リンク

こんにちは、動物大好きの Iwasaki です。
 

もう4年ほど前になりますが、クラゲを飼ってたことがありました。

この記事読んだからって、クラゲを飼おうなんて人がそうそういるとは思いませんが、最近、友人が私にそそのかされてクラゲを飼いはじめました。

数日前に YouTube のアカウントを取ったので、参考までに4年前の動画をアップしてみました。

エイレネクラゲという種のポリプです。
ポリプというのは、イソギンチャクみたいにお尻が岩にくっついてる形の幼生です。
ヒドラという淡水産の生物がいますが、それとそっくりです。
直径0.2mm、長さ2mmくらいの円筒形で、先端が口(肛門も兼ねる)で、その周りに10本程の触手が生えています。
触手には刺胞があり、不用意に触手に触れたプランクトンが餌食になります。
動画をよく見ると、触手に光る点がたくさん見えますが、それが刺胞です。
クラゲ、イソギンチャク、ヒドラ、これらは全て刺胞動物門に属します。
刺胞ってのは、それ自体が意外と賢くて、仲間の体やピンセットが触れても発射されません。
どんなセンサーが付いているのか、興味深いですね。
 

クラゲのポリプを飼うのは意外と簡単です。
必要なものは、実体顕微鏡、人工海水の粉末、アルテミアの卵、容器、スポイドなどです。
ポリプはネットで売ってるそうですが、私は知り合いから分けてもらいました。

アルテミアというのは、昔シーモンキーという名前で流行ったプランクトンの学名です。
英語ではブラインシュリンプといい、塩水湖に棲むミジンコに似た節足動物です。
0.2mmくらいの茶色の卵が、熱帯魚を扱っているペットショップで売っていると思います。

週に一度くらい、ポリプに餌やりをします。
その前日に、人工海水(3.5%溶液)に卵をパラパラと入れておけば、翌日には孵化しています。
これをスポイドで、飼育容器に入れると、動画のような摂食シーンが見られます。

だいたい1回の餌やりで、1匹のポリプあたり2匹くらいのアルテミアを食べます。
動画の個体も、すでに1匹目のアルテミアがお腹に入ってて2匹目を食べるところです。

どういう条件なのか よく分かりませんが、しばらく飼っていると、クラゲの赤ちゃんが発芽します。
0.3mmくらいの可愛いクラゲなんですが、残念ながら口が小さすぎてアルテミアを食べれません。
なので、数日すると死んで溶けてなくなります。アーメン

1/4くらいの大きさのアルテミアの仲間の卵が入手できれば、クラゲも飼えるんですが。
どなたか、ご存知でしたら教えてくださいませ。

あと、ご用とお急ぎでない方は、サイドバーの上の方に、YouTube ページへのリンクがありますので、よかったら他の動画もご覧くださいね。

 

てことで、ではまた!

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

no image

スマートメーターと Wi-SUN 通信用 USB ドングルを使った電力使用量の「見える化」

こんにちは、計測マニアのイワサキです。 ずいぶんと更新をサボっていました。 この間、iP

記事を読む

10/21のオリオン座流星群の極大と ベテルギウスの超新星爆発

  こんばんは、Iwasaki です。   明日10/21の19時ごろ

記事を読む

no image

サルにもできる(?)霧箱の作り方 その2

こんばんは、Iwasaki です。 今回は前回に続き、霧箱の第2回目です。  

記事を読む

デジタル一眼を買った初心者が最初にすべきこと:その4 口径食消失F値を知る

  こんにちは、Iwasaki です。   前回までに、単焦点レンズを

記事を読む

朗報! iOS 7 から iPhone のカメラ視野率が100%に戻った

  こんにちは、計測マニアの Iwasaki です。   ついに発売さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スポンサード リンク
COVID-19分析その4〜増加率で予想する米国の今後

こんにちは、計測マニア イワサキです。   イタ

COVID-19分析その3〜増加率による感染爆発の判断と暗算法

こんにちは、計測マニアのイワサキです。 今回もコロナ関連です。

各国のCOVID-19状況の分析 (2020/03/22時点) その2 〜感染爆発期の致死率は信用できない

こんばんは、計測マニア イワサキです。 昨日にひきつづき、新型コロナ

各国のCOVID-19状況の分析 (2020/03/22時点) その1 〜ホットスポットはポルトガルとアメリカ

こんにちは、計測マニア イワサキです。 新型コロナウイルス感染症(C

ボケ円径、ボケ量、ボケの大きさの計算原理

  お久しぶりです、Iwasaki です。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑