乳幼児期にエアコンを使いすぎると、汗腺が発達せず熱中症になりやすくなる!?

公開日: : ブログ, 健康

スポンサード リンク

スポンサード リンク

こんにちは、あまり汗をかかない Iwasaki です。
 

DSCF3587m
今年も本格的な夏が近づきました。

ここ数年、記録的な猛暑で熱中症も増えてますが、小さいお子さんをお持ちの親御さんに是非注意していただきたいことがあります。

「赤ちゃんが熱中症やアセモにならないようエアコンをどんどん使いましょう」

ではなくて、その逆!!

こちらの参考記事(今の子供は汗腺の数が親の半分!- プレジデント社)によると、今の子供の汗腺数は親世代の半分しかないため、熱中症になりやすいんだそうです。しかも、その理由は3歳ころまでにクーラーの効いた快適な部屋で過ごしたために、汗腺の発達が抑制されたからといいます。つまり、親が良かれと思ってエアコンを使いすぎたために、体温調節が苦手な子供になってしまったという皮肉な結果です。

ということは、正常に汗腺を発達させるためには、0歳児から3歳児の夏に(ときどき?)汗をかかせる必要があることになります。

かといって、新生児がいるご家庭でエアコンを全く使わないのは却って危険でしょう。夏の平均気温は昔より上がってますし、都会では生活排熱などのせいで、さらに高めです。無理してエアコンを使わないと大人ですら熱中症になりかねません。

正常な汗腺の発達にとって必要な発汗の回数が、ひと夏に何回なのか何十回なのか、分かりませんが、熱中症の危険がない程度に、ときどきエアコンを弱めたり切ったりする意識が大切と思います。扇風機やエアコンの除湿運転は汗が乾きやすく、体温を下げる効果があるので有効でしょう。もちろん、水分補給もお忘れなく。
 

てことで、ではまた!

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

カメラ初心者におくる被写体選びのヒント〜写真には愛が写る

こんにちは、カメラマニアのイワサキです。 技術的な話が多い当ブログですが、今回はちょっと観念的

記事を読む

クラゲを飼おう!

こんにちは、動物大好きの Iwasaki です。   もう4年ほど前になりますが、

記事を読む

デジタルカメラによる流星の撮影方法

こんばんは、Iwasaki です。   本日1月4日未明のしぶんぎ座流星群は見られ

記事を読む

デジカメを選ぶとき 何を基準にしたらいいの?

  こんにちは、写真好きというよりカメラ好きの Iwasaki です。  

記事を読む

悲報! あのアイソン彗星が太陽に近づきすぎて蒸発?

  こんにちは、天文好きの Iwasaki です。 (いや、望遠鏡が好きなだけかも)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スポンサード リンク
超簡単! きな粉で作る納豆味噌のレシピ

  こんにちは、計測マニアのイワサキです。  

ハチ(アシナガバチ)に刺されたが温熱療法が劇的に効いた!

温熱療法とは? 虫刺されの対処法はいろいろありますが、

大気減光の光路長の球体近似式を考てみた

大気減光の光路長とは? 夕日の写真や天体写真を撮るとき、光が大

珍しい大気光学現象、月虹 moonbow の写真

珍しい大気光学現象のひとつである月虹(英語でmoonbow)の写真が

COVID-19分析その4〜増加率で予想する米国の今後

こんにちは、計測マニア イワサキです。   イタ

→もっと見る

PAGE TOP ↑