[めし] 飲んべえのためのライフハック1:安ワインをおいしく変身!

公開日: : 最終更新日:2014/04/14 めしログ

スポンサード リンク

スポンサード リンク

こんにちは、アプリで稼いで毎晩数千円のワインを飲めるようになるのが夢の Iwasaki です。

まあ、あと50本くらいリリースすれば、実現するかもしれないなぁと、とらぬ狸なワケですが。

さて今日は現実に戻って、数百円の安ワインを倍位の値段のワインに変身させるマジックを紹介します。

用意するものは、3リットルくらいの紙箱入りの赤、白のワイン。だいたい1200円くらいですかね。
750mlボトル1本あたりに換算すると300円程度です。

なぜ紙箱入りかといいますと、ボトル入りは飲みきれなかった場合、翌日に酸化して味が落ちるからです。
箱入りは、内部のビニール袋にワインが入っていますので、飲んだ分だけビニール袋がしぼみ、空気が入らないので、酸化しにくいんです。

もうひとつは、クレーム・ド・カシス、入手しやすいのは上の写真のルジェ社のやつ、1300円程度です。

まず、300ml程度のビンにカシスを30ml、白ワインを180ml注ぎます。
量は適当でいいんですが、要するに1:6になればいいワケです。
これはキールという、かなりポピュラーなカクテルです。
ロゼワインのようなキレイな色をしてて、飲んでもおいしいです。
冷蔵庫に保存すれば、そう味は落ちません。

しかし、今回の目的は、キールを飲むことではなく、これを使って赤ワインを美味しくすることです。

このキールを、赤ワインに1/10〜1/4の割合で添加します。
そのままの赤ワインとキール添加ワインを飲み比べてみてください。
あら不思議、ワインの風味が格段に複雑になってます。
2倍程度の価格差は感じられるんじゃないでしょうか。
ただし、数千円の高級ワインには効かないと思います。

お試しあれ。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

[めし] オカノカリーのラム肉のキーマカレーが超絶ツボなんですけど

こんにちは、オカノカリーに通いつめている Iwasaki です。   今回は前の記

記事を読む

[めし] 博多まんまる:特濃らーめんはコラーゲンたっぷり

  太宰府の31号線沿いにある「博多まんまる」にお邪魔しました。 ↑ 店に

記事を読む

[めし] フォーシーズンミラン 小戸店のガーリックナンは超好み!

この店に来たのは、昨年夏以来 二度目です。 今回は、ガーリックナン 430円と、シュリ

記事を読む

[めし] くら寿司のうな丼598円がコスパ良すぎな件

  昨日は、土用の丑の日だったようですね。 そんなこととはつゆ知らず、今年初めてウナギ

記事を読む

[めし] 広島お好み焼ひらの の肉玉そばピリ辛麺、うまぁ

  こんばんは、広島焼き大好きの Iwasaki です。   どれくら

記事を読む

Comment

  1. matsuhouse より:

    1000円程度のワインを好んで飲んでいますが、あまり高いのを買っても逆に美味しくなかったりする、ワイン素人の私にはうってつけかもしれません!笑
    早速試してみたいと思います。

    • Iwasaki より:

      ワインの美味しさって値段と比例してるわけじゃありませんよね。
      だから面白いのかもしれませんが。
      キール添加、ぜひ試されてください。
      重めのワインが好きな人は、カシスだけ添加するといいかもです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサード リンク

スポンサード リンク
ようかん対決!とらやvs井村屋

  こんにちは、計測マニアのイワサキです。  

防犯カメラ ATOM Cam2 レビュー

  こんにちは、計測マニアのイワサキです。  

「ピタゴラスの定理」を図だけで証明

こんばんは、数学大好きイワサキです。 ずいぶん前に思いついた「ピ

虹メガネ(分光メガネ)のススメ

  こんばんは、計測マニアのイワサキです。  

超簡単! きな粉で作る納豆味噌のレシピ

  こんにちは、計測マニアのイワサキです。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑