サルでも分かる、ボケってなに?〜初級者編

公開日: : 最終更新日:2014/08/11 ブログ, 写真・カメラ, 開発・自作アプリ

スポンサード リンク

スポンサード リンク

 
こんにちは、そろそろ長袖かなと思っている Iwasaki です。
今回は、Q&A形式でやってみることにしました。

Q:ボケってなに?

A:ボケとは、加齢とともに脳の機能が低下してですね、、、 じゃなくてぇ〜!(ありがちなボケ)

ここでいうボケは写真用語のボケです。英語圏でも、なんとBokehっていう言葉でちゃんと認知されているんです。知ってました? 私は最近まで知りませんでした。
  
モデルさんなど、メインの被写体(主被写体)にピントを合わせたとき、その前後にある物体はピンボケになります。背景のボケを後ボケ、前景のボケを前ボケといいます。
  
  

Q:ボケないほうがいいんじゃね?

A:確かにそういう考え方もあります。画面に写っている被写体すべてにピントが合っているほうが情報量としては多いですからね。そういう表現方法をパンフォーカス表現といいます。風景写真でよく用いられる手法です。
  
しかし、人物などの主被写体を、より集中して見てもらいたいとき、背景にあるゴチャゴチャした写り込みが目障りっ!ってことありますよね。

背景をすっきり整理する方法としては、物が少ない背景を選ぶ方法の他に、背景をボカしてしまう方法があります。これがボケ表現です。ボケ表現によって主被写体が浮かび上がり、幻想的な写真になります。
  
この手法を意識的に活用しはじめたのは日本の写真家といわれています。誰かは知りませんが Good job !
  
実例として、稚拙ですがこちらをご覧ください。

B43T5635s

B43T7062s

  

Q:ああ、あれね、かすんで滲んだようなメルヘンチックな写真のことね?

A:似てますが違います。それはソフトフォーカス表現といいます。球面収差の大きなレンズや、パンストみたいなフィルターを使うことで、ピントはモデルに合っているのに、周りにうっすらニジミのある写真が撮れます。レンズに息を吹きかけて曇らせて撮っても、同様の効果があります。この表現法については今回はスルーして、また別の機会にでも。
  
  

Q:どうやったらボケるの?

A:ピントを合わせたい主被写体と、ボカしたい背景が前後に離れていることが最低条件です。両者の距離が大きいほどボケも大きくなりますが、距離に比例するほど単純ではありません。
  
次に、レンズの絞りが開いているほど大きくボケます。カメラに絞り優先オートの機能があれば、絞りを自分でコントロールすることができます。

絞り具合はF値で表されますが、F値が小さいほど絞りは大きく開くことになり、ボケも大きくなります。
  
また同じF値なら、レンズの焦点距離が大きいほど、大きくボケます。広角レンズよりも、望遠レンズの方がボケ表現には向いているわけです。
  
  

Q:撮像板サイズ(フォーマット)も関係あるんじゃないの?

A:答はYesでもありNoでもあります。でも本質的にはNoです。基本的には撮像板は関係ありません。これ、誤解している人がすごく多いんですよね。
  
写真の像はレンズが作ります。撮像板は記録するだけ。サイズが変わると写る範囲が変わるだけで、ボケの大きさまでは変わりませんよね。

じゃあ何故、誤解している人が多いかというと、レンズの焦点距離にだけ、35mm判換算値*を使うからです。
* 35mm判とはフィルム時代の代表格で24x36mmの画面サイズ。
  
たとえば Panasonic のフォーサーズ判は撮像板サイズがほぼ半分なので、フルサイズ(つまり35mm判)の標準50mmF1.4と同じ画角のレンズは 25mmF1.4 です。これをカタログでは、f = 25mm(35mm判換算:50mm)などと表現します。

ところが、F値は換算しないままなのでF1.4と思ってしまいます。そうすると50mmF1.4と誤解して、同じ焦点距離とF値なのに、ボケ量はフルサイズのときより小さいなぁ、となってしまいます。

それで、撮像板が小さいとボケも小さくなるという誤解が生まれるんです。

実際のレンズは25mmですから、ボケも25mmF1.4のレンズ相応なんです。決して50mmF1.4と同じボケにはなりません。

しかし、いろんなフォーマットが乱立している今、換算値を使わないと不便ですよね。そこで、いい方法があります。F値も同じ2倍にした換算値を使うんです。つまり、25mmF1.4(35mm判換算:50mmF2.8)となるわけです。メーカー側は暗いレンズってバレるのがイヤなのか、使いたがらない
ようですが…

あ、ここで最初に書いた「答はYesでもありNoでもある」のYesについて。

撮像板サイズが小さいほど、同じ画角なら焦点距離が短いので、結果的にボケも小さくなります。また、同じF値でも、小さい撮像板では換算すると大きなF値になるのでボケは小さくなります。結局、撮像板が小さいほどボケも小さくなる傾向があるのでYesなのです。

ただし、あくまでも結果論であり、真の原因はレンズです。
 

長くなりましたので、今回はここまでです。

次回は、以下の話題をお送りします。ご期待ください。

Q:ボケの大きさって、どうやって測るの?
Q:見かけのボケ円径を簡単に計算する方法ってあるの?
Q:有限距離のボケ円径も計算できるの?

 

今回のまとめ
・ボケ表現という写真手法がある
・ぼかしたいなら、長い焦点距離、小さいF値、背景を離して
ボケはレンズのみで決まり、撮像板サイズとは無関係!
・焦点距離を換算するなら、必ずF値も換算する

 


ボケ予測Pro 1.0(¥300)
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
販売元: Masayuki Iwasaki(サイズ: 1.2 MB)

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連してなさそうだけど面白いかもしれない記事

初心者向け Exif 情報の危険性と活用法〜その2: iPhone での見方

こんにちは、Iwasaki です。   昨日の第1回では、危険性やその回避法につい

記事を読む

足温器を買うのが面倒なのでアレで代用してみたら快適すぎた!

  こんにちは、寒がりの Iwasaki です。   福岡を南国と勘違

記事を読む

頭の体操:キッチンスケールなどの電子天びんで最大ひょう量より重いものを計る裏ワザ6つを図解

こんばんは、計測マニアの Iwasaki です。   キッチンスケールや体重計など

記事を読む

低緯度オーロラの見方と撮影法:日本でも見える!?

こんばんは、sky gazer の Iwasaki です。   先週の2014年9

記事を読む

ブロッケン現象と富士山と上空の放射線量(0.55μSv/h)

こんにちは、飛行機大好きイワサキです。 飛行機に乗るときは必ず窓際を取ります。最近は、飛行中も

記事を読む

Comment

  1. andantino190 より:

    おおおおおお 面白そうなネタありがとうございます。
    続きが楽しみです。
    特に、有限距離のボケ円形の計算とか、
    焦点距離によってどのくらい遠ければ無限遠とみなしちゃっていいかなーとか興味津々です。
    ((o(´∀`)o))ワクワク

  2. Iwasaki より:

    興味もっていただき嬉しいです。
    次回は面白いと思いますよ。
    明日あたりアップできたらしますね。

  3. おおー!
    ナイスな記事ありがとうございます。

    うわーこれを機会に勉強しよう。
    とりあえず、「外人さんに『このボケェ!』って言うのは危険」と。
    メモメモ(^^

    これからも楽しみにしてまーす!

    • Iwasaki より:

      英語のBokehには写真ボケ以外の意味ありませんから大丈夫かも。
      いやいや、このピンボケ野郎って思われるかな。

  4. […] ボケ講座初級者編が好評だったので、途中まで書いていた中級編を急いで仕上げました。 では、さっそくボケの核心に迫ってみましょう! […]

  5. […] ボケ講座初級者編が好評だったので、途中まで書いていた中級者編を急いで仕上げました。 では、さっそくボケの核心に迫ってみましょう! […]

  6. […] Iwasaki です。 ボケ講座初級者編、中級者編に引き続いて、今回は第3回、上級者編その1です。 […]

  7. […] 今日は、ボケ講座の第6話、おそらく最終回です。 初回から読んでいただいた皆さん、お疲れさまでした。 […]

サルには分からない、ボケの極意(中級者編) | IwasakiのiPhoneアプリ開発日記 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スポンサード リンク
大気減光の光路長の球体近似式を考てみた

大気減光の光路長とは? 夕日の写真や天体写真を撮るとき、光が大

珍しい大気光学現象、月虹 moonbow の写真

珍しい大気光学現象のひとつである月虹(英語でmoonbow)の写真が

COVID-19分析その4〜増加率で予想する米国の今後

こんにちは、計測マニア イワサキです。   イタ

COVID-19分析その3〜増加率による感染爆発の判断と暗算法

こんにちは、計測マニアのイワサキです。 今回もコロナ関連です。

各国のCOVID-19状況の分析 (2020/03/22時点) その2 〜感染爆発期の致死率は信用できない

こんばんは、計測マニア イワサキです。 昨日にひきつづき、新型コロナ

→もっと見る

PAGE TOP ↑